2019.03.13

森保ジャパンで見てみたいJリーガー5選…14日にキリンチャレンジ杯メンバー発表

サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップに臨む日本代表メンバーが14日に発表される。アジアカップでは惜しくも準優勝に終わったものの、初陣から12試合で10勝1分け1敗と好成績を残している森保ジャパン。今回のキリンチャレンジカップでは、22日にコロンビア代表、26日にボリビア代表と対戦する。そこで、この2連戦に向けた代表メンバーに推薦したいJリーガー5選手を紹介する。なお、今回はこれまで森保ジャパンに招集されていない選手に限定する。



鈴木武蔵北海道コンサドーレ札幌/FW)

鈴木武蔵

[写真]=Getty Images

初のシーズン2桁得点を記録した昨季の好調を維持し、新天地の北海道コンサドーレ札幌でも開幕から3試合3ゴールと躍動。絶対的エースの大迫勇也が不在となりそうな状況だけに、J屈指のスピードとパワーを備える鈴木の選出に期待したい。

久保建英FC東京/MF)

久保建英

[写真]=Getty Images

横浜F・マリノスからレンタルバックした今季は開幕からスタメンに定着し、圧倒的な存在感を披露。直近のサガン鳥栖戦ではJ1での初アシストを記録し、ゴールに繋がる結果も残した。同日に発表されるU-22日本代表の候補でもあるが、A代表でどこまでやれるかを試す価値はあるだろう。

三好康児横浜F・マリノス/MF)

三好康児

[写真]=Getty Images

横浜F・マリノスに移籍した今季、インサイドハーフで新境地を開拓した。ドリブルに加えてタメも作れるようになり、チャンスメイク能力はJリーグでトップクラスのレベルに到達。東京五輪の10番候補だが、A代表で見てみたい存在だ。

杉岡大暉湘南ベルマーレ/DF)

杉岡大暉

[写真]=Getty Images

ルーキーイヤーにリーグ戦37試合に出場してチームのJ1昇格に大きく貢献し、2年目の昨季はルヴァンカップ決勝で初タイトルを手繰り寄せるゴールを決めてみせた。ドリブル、シュート力、対人プレー、空中戦(身長182cm)とサイドバックに必要な能力を兼ね備えており、日本代表が抱える「次世代のサイドバック不在問題」を解決に導く可能性を秘めている。

古橋亨梧ヴィッセル神戸/FW)

古橋亨梧

[写真]=Getty Images

“乗っている”男。タレント揃いのヴィッセル神戸で持っているポテンシャルをいかんなく発揮し、ベガルタ仙台戦ではアンドレス・イニエスタのパスからゴール、さらにダビド・ビジャへのアシストを記録した。トッププレーヤーから数多くのことを学び、吸収している状態のいま、日本代表でさらなる刺激を受けた姿を見てみたい。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る