2019.02.02

2点ビハインドでの修正は「遅かった」…大迫勇也「僕個人の責任はある」

大迫勇也
反省を口にした大迫 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は2月1日、AFCアジアカップUAE2019・決勝戦でカタール代表に1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝を逃した。

 試合後、大迫勇也は「経験のある選手がもっと試合の中で変えられたと思うし、そこは申し訳ない気持ちはあります」とコメント。試合中に、「修正はできた」と述べた一方、「それが0-2になってからだったので、遅かったとは思います。それは僕自身、前の選手も経験ある中で言えなかったのはすごく後悔もあるし、悔しさもある」と試合を振り返った。

 この大会では「上の世代が抜けて、本当に年齢的にも立場的にも引っ張っていかないといけない」ことを感じていたという大迫は、「その中で優勝できなかったっていうのは僕個人の責任はあると思う」と反省を口にしつつ、「ただ、まだまだとりかえすチャンスはある。切り替えてまた続けてレベルアップできるようにしていくしかないのかなっていうのは、終わってみて思います」と心境を明かした。

 2大会ぶりの優勝を逃した日本だが「アジアの中では絶対に勝っていく力がチームにはある」ことを強調。しかし、「アジアの他の国もレベルをつけてきているのは事実。その中で僕自身ももっとレベルアップしないといけない。チーム全体としてしっかり勝ちきれるようになっていかないといけない」とさらなる成長を誓った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る