2019.01.29

「これはいける!」 長友佑都が試合前に勝利を確信した理由とは?

長友佑都
イラン戦にフル出場した長友佑都 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

「僕らが本物だということを証明しましたよ」。満足気にそうコメントした長友佑都は、試合前の時点で勝利を確信していた。

“アジア最強”と言われるイランとの準決勝。「硬いゲームになるのは分かっていたんで、ちゃんと守備から入ってゼロに抑えれば、後半は絶対に行けるぞ」というプラン通りに前半を0-0で折り返し、後半に3ゴールを奪って快勝した。

「今日はスーパーゲームでしょう。僕らが本物だということを証明しましたよ」と会心の勝利に酔いしれる長友だが、「正直、アップのときから『今日は勝てる』と思った」という。その理由をこう明かした。

「みんなの体の動き。ちょっと専門的な見方なのかもしれないですけど、みんな骨盤が立っていたんで。コンディションがすごくいいなと。これはいけると、本当にアップで思いましたね。全員、本当にいい状態でした」

 普段から体のケアに細心の注意を払う長友ならではの視点だが、その言葉通り、日本代表の選手たちは90分を通して高レベルのパフォーマンスを披露。長友自身も最高のコンディションだった。

「もう1試合できるんじゃないかというくらい疲れを感じていないです。サッカーが90分で終わってしまうのが短いと感じたのは初めてかもしれないですね。今日の長友は180分、全然いけたと思います」

 今大会は決して順調に勝ち上がってきたわけではなく、苦戦を強いられる様子に批判が集まることもあった。それでも決勝を見据えて徐々に質を高めている現状に「これは日本がアジアの中で強豪でいるという証」と胸を張る。

「ワールドカップで本当に強いチームはリーグ戦よりも決勝トーナメントに合わせていく。これをアジア杯のなかで日本代表ができるようになってきているというのは、本当の強さという部分で成長していると感じますよね」。あと一つ勝てば、その成長の証はアジア王者という称号とともに歴史に刻まれる。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る