2019.01.29

「できるところまで」…痛みを抱えていた遠藤航、決勝戦は「チームを信じるだけ」

遠藤航
ピッチに倒れ込む遠藤航 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

「できるところまでやろう」。痛みを抱えながらプレーし、無念の途中交代を強いられた遠藤航は「もうチームを信じるだけ」と仲間にすべてを託した。

 日本代表は28日にAFCアジアカップUAE2019準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。先発出場した遠藤は中盤の要として奮闘していたが、1点を先制した直後の60分にプレー続行不可能となり、ストレッチャーで運び出された。

 痛めたのは左太もも裏。実は試合前から「ちょっと痛みはあった」ようだが、自身の判断でピッチに立ち続けていた。

「調子は良かったので、やりながらというか。プレーできるところまでやろうという感じ。張りを見ながらというのは抱えていて。連戦があれば、その辺は治療をしながらやっていくということで、自分の中ではやれるという判断でやっていたので」

 詳しい検査はこれから行うが、「肉離れというのは急にくるものなのでしょうがない」と話しており、決勝戦への出場は難しくなった。安定したパフォーマンスでこれまでの勝利に大きく貢献してきた遠藤の欠場は、日本代表にとって大きな痛手となる。

 ただ、遠藤は「もう信じるだけなので」と仲間に運命を託すと同時に、「しっかり最後まで。僕もできることをしっかりやって、チームのために戦って、優勝したいです」と日本代表の一員としてファイナルに臨む姿勢を示した。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る