2019.01.29

「あの失点で」…イラン代表監督が敗因に言及。日本には賛辞を送る

カルロス・ケイロス
イラン代表を率いるカルロス・ケイロス監督 [写真]=AFC
サッカー総合情報サイト

 AFCアジアカップUAE2019・準決勝が28日に行われ、日本代表が3-0でイラン代表を下した。

 イラン代表を率いるカルロス・ケイロス監督は試合後の記者会見で、「この試合について話すことはあまり多くはない」と語り始めると、「違うスタイルを持ったチーム同士のとても拮抗した準決勝だった。ある一つのことが起こるまでは」と先制点が試合を決めたことを強調した。

「我々が失点を許した場面、日本の選手はシミュレーションでファウルをもらおうとした。それを見て選手たちはプレーを辞めてしまった。審判がそれに反応してくれると思ってしまったからだ。あの失点でチームは気落ちしてしまった。その後、ピッチには一つのチームしかいなかった。それは日本だった」

 判定が試合に影響したと語ったケイロス監督だが、「ただ、一つ言えることはより良いチームが勝ったということだ。彼らは決勝に進むのに相応しいと思う。日本にはおめでとうと言いたい」と日本を称えた。

 今年で8年目となる長期政権を築いているケイロス監督だが、現在の契約は今大会までとなっており、退任も噂されている。ここまで共にした選手たちには「全てにおいて感謝している。難しい状況の中、限られたコンディションで、集中力を保ち続けてくれた。彼らのことはこれからの人生で心に残り続けるだろう」と感謝を口にした。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る