2019.01.29

勝負を分けた“ミスを突いての”「先制点」…セルジオ越後氏「精神的な部分で大きなポイントだった」

大迫(右)がヘディングで先制点を挙げた [写真]=Getty Images
日本サッカー界のご意見番。

 日本代表は28日、AFCアジアカップUAE2019 準決勝でイラン代表と対戦。スタメン復帰を果たした大迫勇也が56分、67分と立て続けにゴールを決めると、後半アディショナルには原口元気がダメ押しとなる3点目を挙げた。FIFAランキングではアジア最高29位を誇るイランに快勝し、2大会ぶりの決勝進出を果たした。

 サッカー解説者のセルジオ越後氏は、相手のミスを突いて奪った「先制点」が勝負を決めるポイントになったと話す。

「前半に自陣でのミスからアズムンにシュートを打たれたけど、権田がしっかり防いだ。逆に日本の先制点の場面はイラン守備陣のセルフジャッジで大迫がフリーになって決めた。両チームともにミスがあった中、日本が先制できたことは精神的な部分で大きなポイントになったと思う。もし前半のミスの場面で先制されていたら、全く逆の立場になっていたかもしれないね」

「原口と堂安の両サイドはファールこそ多かったけど、サイドバックとしっかり連係していた。イランはサイドから全然崩せていなかったし、放り込んでも中央の吉田と冨安が跳ね返し続けた。最終ラインはすごく安定していたし、陣形をコンパクトに保ってカウンターも繰り出せた。今大会はここまで引いて守る相手に苦戦していたけど、このイラン戦ではこれまでと逆のことができた」

「先制してから早い時間帯に追加点を取れたことも良かったね。イランは“対アジア勢39試合無敗”だった。ずっと負けていないチームが相手にリードを許す展開になると、普段慣れていない分、精神的にも苦しくなったと思う。あとは1対1、相手に立ち向かう、負けないという気持ちが溢れ出ていたし、後半に入っても運動量が落ちなかった。優勝候補ナンバーワンのチームに対して、すごくいい試合ができた。日本はイランを認めて戦えたところが良かったと思う」

 決勝では29日行われるカタール代表対UAE代表の勝者と激闘する。

「ここまで勝ち上がっているだけにどちらが来ても強いし、両チームともに点取り屋がいるので気を付けたい。けど、日本的にはザッケローニ監督率いるUAEが来たら、またいい意味で楽しみだけどね。あと前回大会はUAEにPK戦で負けているし。今大会は苦労して苦労して、やっとここまで来た。ただ、ここで気を抜いてはいけない。ちゃんと回復して、イラン戦のようなプレーができるようにしてほしい」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る