2019.01.24

【Football TimeLine】長谷部誠、アジアカップ戦う日本へエール「獲ってほしい」

サッカー総合情報サイト

 1月22日(火)放送の#16では「月刊!! ハセベマコト」のコーナーが放送され、長谷部誠がウィンターブレイクやブンデスリーガのシーズン後半戦について語った。

 最初にウィンターブレイク中をどのように過ごしたか問われた長谷部は、「年末年始は日本で過ごせたので、半分が仕事とトレーニング、あとの半分はゆっくり家族と過ごしました」と回答。また、昨年12月31日にはNHKの『紅白歌合戦』に審査員として出演しており、長谷部はその時の感想をこのように語った。

「楽しかったです。ただ、5時間半、羽織袴を着て座っていたので、ちょっと肩はこりましたけど(苦笑)」

 長谷部は最後の結果発表の際、白組に票を投じたそうだが、決め手となったものは何だったのだろうか。

「決め手は正直、全然なかったんですけど。『サザンオールスターズ』の印象で。『サザンオールスターズ』は白組でも赤組でもないんですけど、なんか白のイメージが入っちゃって。そんな感じでした(笑)」

 ブンデスリーガのウィンターブレイク中、日本代表はアジアカップの戦いをスタートさせた。昨年のロシア・ワールドカップを最後に代表から引退した長谷部だが、もちろん代表の戦いぶりは気になるようだ。

「実際こっち(ドイツ)にいるとなかなか試合は見られないんですけど、恐らく決勝に行けば『ユーロスポーツ』(現地のスポーツチャンネル)か何かでやってくれると思うので。ぜひ日本にはアジアカップを獲ってほしいし、難しい、厳しい戦いになるのは、僕もアジアカップを経験しているので重々分かっているので、チーム一つとなって戦ってほしいです」

 2019年を迎え、フランクフルトはフロリダでトレーニングキャンプを行い、現地ではトレーニングの一環として「フロリダカップ」というトーナメントに参加。サンパウロに2-1、フラメンゴに0-1という成績だった。

「(サンパウロ、フラメンゴは)ブラジルのチームらしく非常にテクニックがあって非常にいいチームだったし、非常にいい対戦相手というか、トレーニングマッチになりました。1勝1敗で、1敗の試合(フラメンゴ戦)は早い時間帯でウチのチームのキャプテン(ダビド・アブラーム)が退場してしまったので、ちょっとゲームっぽくならなかったんですけど(苦笑)」

 アブラームに対しては「(アドルフ・ヒュッター)監督がしっかり怒った」そうで、長谷部も「キャプテンには反省してもらわないといけない」とコメント。「彼はそういうところがありますからね」と苦笑いを浮かべていた。

「充実したトレーニングが詰めたし、個人的にも非常にいい調整ができた」とフロリダでのトレーニングキャンプを振り返った長谷部。昨年末にハムストリングスを痛め、試合を欠場していたが、ウィンターブレイク明けの試合で戦列に復帰しているように、すでに問題はないようだ。

「(ケガは)本当に小さなものだったので、年末の最後のバイエルン戦(第17節、0-3)なんかも、出ようと思えば正直出られた状態ではあったんですけど。今はいい状態にあるので、後半戦はできるだけケガのないようにやっていきたいと思います」

 フランクフルトは後半戦最初の試合で、フライブルクに3-1と勝利し、幸先の良いスタートを切った。今後に向けて、長谷部はこのように語った。

「前半戦は自分たちがよかったので、相手がすごく研究してくると思うんですよね。そういう研究された時にどれだけチームが臨機応変に対応できるかというところで、準備期間でいろいろ話し合いました。ケガ人もほとんど戻ってきて、チームとしてはほぼほぼみんな出られる状態なので、その意味では後半戦、チーム内の競争があるからよりいい形になると思うし、それはポジティブにとらえているところです」

 毎週火曜日21時から生放送されている『日本人を応援せよ!!Football TimeLine』。次回は2019年1月29日(火)21時スタートの予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る