2019.01.21

決勝T初戦の相手…サウジアラビア代表について知っておきたい7つのこと

サウジアラビア代表
21日に日本代表と対戦するサウジアラビア代表 [写真]=AFC
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦で、日本代表はサウジアラビア代表と対戦する。これまでに数々の激闘を繰り広げてきた同代表について、ここでは7つの情報を紹介する。

■愛称は「緑のハヤブサたち」
サウジアラビアはサウード家を国王に戴く絶対君主制国家。アラビア半島の約80%の面積を占め、東部はUAEと国境を接している。イスラム教最大の聖地メッカがある国としても有名だろう。代表チームのFIFAランキングは69位。これは日本(50位)と韓国(53位)に次ぐ、今大会5番目の数字になる。近年はイラン(FIFAランク29位)が「中東最強国」の地位を確立しているが、ワールドカップ出場回数は中東勢でイランと並ぶ最多5回を誇り、1994年アメリカ大会では初出場ながらベスト16進出の快挙を成し遂げた。代表の愛称は「グリーンファルコンズ(緑のハヤブサたち)」だ。

■GS突破した大会は必ず決勝に進出
アジアカップ出場は今大会で10回目になる。イラン(14回)、韓国(14回)、中国(12回)に次いで4番目に多い。優勝回数は3回。これは日本の最多4回に次ぐ数字で、決勝進出回数は韓国(優勝2回)と並ぶ最多6回を数える。グループステージを突破すると、必ず決勝まで勝ち上がっているのがサウジアラビア代表だ。最後に「アジア王者」に輝いたのは1996年大会のこと。決勝で、開催国のUAEをPK戦の末に破って優勝を果たした。それ以来、23年ぶりのUAE開催となった今大会で再びアジアの頂点を狙っている。

■対戦成績は日本が優位
日本とサウジアラビアは、過去に13回対戦。日本が8勝1分け4敗と勝ち越している。ただ、直近の試合では、2017年9月5日に行われたワールドカップ予選(アウェイ)で0-1と敗れている。サウジアラビアにとっては、ロシアW杯本大会出場を決めた試合でもあった。今大会の日本代表メンバーでは、原口元気柴崎岳長友佑都吉田麻也酒井宏樹が同試合に出場。彼らにとっては雪辱を果たす機会が巡ってきたことになる。なお両国は、アジアカップ本大会で過去に5回対戦。日本が4勝1敗と、ここでも勝ち越している。また、昨年8月に行われたアジア競技大会・準々決勝では、森保一監督率いるU-21日本代表がU-21サウジアラビア代表と対戦。岩崎悠人(コンサドーレ札幌)の2得点で2-1の勝利を挙げている。

■指揮官は森保監督と同年齢

フアン・アントニオ・ピッツィ

フアン・アントニオ・ピッツィ監督 [写真]=AFC

サウジアラビア代表を率いるのは、アルゼンチン出身のフアン・アントニオ・ピッツィ監督。1968年6月7日生まれで、森保監督(1968年8月23日)と同じ50歳だ。現役時代にはストライカーとして活躍し、バルセロナでもプレー。アルゼンチンの他にスペイン国籍も所持しており、スペイン代表として1998年のフランス・ワールドカップにも参加した。2005年から監督キャリアをスタートさせ、2016年にはチリ代表監督に就任。すると、同年夏に行われたコパ・アメリカ・センテナリオで同代表を大会2連覇に導いている。サウジアビア代表監督に就任したのは、2017年11月のこと。ロシアW杯予選終了後だったため、日本代表と対戦するのは今回が初めてのことになる。

■審判は日本の味方!?

ラフシャン・イルマトフ

ラフシャン・イルマトフ主審 [写真]=Getty Images

今回の一戦で主審を務めるのは、ウズベキスタン出身のラフシャン・イルマトフ氏。アジア年間最優秀レフェリーに5度輝いたことがあるトップレフェリーで、W杯でも2010年南アフリカ大会から3大会連続で選出されるなど豊富な実績を持つ。アジアカップでは、2011年のカタール大会で日本対サウジアラビア戦の主審を担当。グループステージ第3戦に行われた同試合は、日本が5-0で勝利した。さらに、日本がオーストラリアを破って優勝を決めた決勝戦の主審も担当している。その他、浦和レッズがアジア王者に輝いた、2007年と2017年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦でも主審を務めており、判定面では日本に“追い風”と言えるかもしれない。

■4選手がスペインリーグ経験者

(左から)サレム・アル・ドサリ、ヤヒア・アル・シェフリ、ヌー・アルムサ、ファハド・アル・ムワッラド

(左から)サレム・アル・ドサリ、ヤヒア・アル・シェフリ、ヌー・アルムサ、ファハド・アル・ムワッラド [写真]=AFC

今大会招集されたメンバー23名すべてが“国内組”。ただ、昨冬にはスペインプロリーグ協会(LEP)とサウジアラビアサッカー協会が提携して、スペイン1部と2部の計7クラブに9名のサウジアラビア人選手が加入することとなった。そのうち、MFサレム・アル・ドサリ(ビジャレアルに在籍)、MFヤヒア・アル・シェフリ(レガネスに在籍)、MFヌー・アルムサ(バジャドリードに在籍)、FWファハド・アル・ムワッラド(レバンテに在籍)の4名が今回のアジアカップに参加している。なお、23名中11名がロシアW杯経験者。これは今大会の日本代表と同じ数になる。

■「チーター」の異名を持つエース

アル・ムワッラド

アル・ムワッラド [写真]=AFC

直近の日本戦で決勝ゴールを決めたのが、FWアル・ムワッラドだ。名門アル・イテハドの下部組織で才能を見出され、16歳でプロデビュー、18歳でA代表デビューを飾っている。168cmと小柄だが、「チーター」の異名を持つように、スピードがあってシュート技術に優れている。相手を仕留める能力はチーム随一と言っていい。まだ24歳でありながら、A代表50試合以上に出場。13得点は今大会のサウジアラビア代表メンバーで最多であり、グループステージでも第1戦と第2戦で連続してゴールを決めた。危険極まりないエースを抑えられるか否かが、日本の命運を左右すると言っても過言ではない。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る