2019.01.10

決勝弾を振り返る堂安律「受けた瞬間からシュートを打つと決めていた」

堂安律
トルクメニスタン戦にフル出場した堂安律 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCアジアカップUAE2019のグループステージ第1節が9日に行われ、日本代表はトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で勝利を収めた。

 試合後、堂安律は「僕が取られてからの失点でしたけど、ハーフタイムにそれを謝る気はさらさらなかった。ただ試合が終わってから、僕が苦しくしたというのは分かっていたので、『すみません!』っていうのは一言掛けました。試合中は僕が取り返すことだけを考えていました」とトルクメニスタンに先制を許した場面を振り返った。

 歯車がうまく噛み合わなかった前半は、「ファーストタッチが止まらないですし、選手との距離感も全然良くなかったです」と話し、これまでの試合との違いについて明かした。

「ボールを失ってからの自分たちの切り替えもすごく遅いですし、本当にすべての面で僕たちの今までの試合とはまったく違う状況になってしまった。でもこれがアウェイでのゲームだと思う。今までの親善試合はすべて日本でやっていたので、これが海外で試合する難しさだと感じました」

 結果的に決勝点となった自身のゴールについては、「受けた瞬間からシュートを打つと決めていました。自分はパンチ力があるシュートを一発持っていると思っているので、しっかりシュートを打っていこうというのは意識していました」とコメント。日本代表にとってアジアカップでの史上最年少得点となったことには、「全然分からなかった」と話した。

「携帯見たら最年少ゴールって記事が出ていたけど、意識はしていなかった。ただ最近、日本代表のレジェンドの選手たちが引退をしている中で、受け継いでいきたいという覚悟は持っています。こういう大会で初ゴールを取れて良かったと思います」

 苦しみながらも勝利した日本は次戦、13日にオマーン代表と対戦する。「初戦をこういうふうに苦しんだというのは良かったと思う。次の試合では自分の実力はこんなもんじゃないというのを証明したいです」と意気込みを語った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る