2018.12.18

ニューカッスル、武藤嘉紀の日本代表招集を発表…一方でハノーファー指揮官が浅野の年内負傷欠場を明言

所属クラブから日本代表に招集されたことが発表された武藤(左)と、負傷で年内欠場が発表された浅野(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ニューカッスルは18日、FW武藤嘉紀が2019年1月に開催されるAFCアジアカップに臨む日本代表に招集されたと発表した。

 すでにアジアカップに臨む日本代表23名は発表されているが、クラブは「森保一監督のチーム23名には含まれていなかったが、招集を受けた」、「1月2日に開催されるマンチェスター・U戦後にチームを離れ、リーグ戦4試合とFAカップのブラックバーン戦を欠場する可能性がある」と発表しており、追加招集を受けたとみられる。武藤は森保監督体制になってからの日本代表では初招集となる。

 日本サッカー協会からは、武藤の追加招集や、どの選手に代わっての招集なのかなどは発表されていないが、ハノーファーを率いるアンドレ・ブライテンライター監督は同日の記者会見で、日本代表に招集されているFW浅野拓磨について「わずかに筋肉系にトラブルを抱えているため、2試合を欠場する」とコメント。負傷による年内のリーグ戦欠場を明言している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る