2018.11.16

日本代表と4年ぶりに激突! ベネズエラ代表について知っておきたい7つのこと

ベネズエラ代表
今夜、日本代表と対戦するベネズエラ代表(写真は今年9月のもの) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 16日に行われるキリンチャレンジカップ 2018で、日本代表はベネズエラ代表と対戦する。試合をより深く楽しむための、知っておきたい7つの情報を紹介する。

■4度目の対戦

日本代表、ベネズエラ代表

(写真は前回対戦の2014年のもの) [写真]=Getty Images

日本とベネズエラが対戦するのは、今回で4度目のこと。過去3戦はすべて、日本で開催されたキリンチャレンジカップが舞台となった。2010年の初対戦は、今回と同じ大分で試合が行われ、0-0のドロー。2012年に北海道で行われた2度目の対戦も1-1のドロー。そして2014年に横浜で行われた前回対戦も2-2のドローに終わった。ただ4年前のゲームでは、ベネズエラが出場停止の選手を起用していたことが後日判明。FIFAの裁定によって、日本が3-0で勝利したこととなった。そのため公式記録上では日本の1勝2分けとなるが、実際には過去3試合連続ドローとなっており、実力差はほとんどない。

■南米勢で唯一の国
ベネズエラは南米サッカー連盟所属の10カ国で唯一、ワールドカップ(W杯)への出場経験がない。またエクアドルと共にコパ・アメリカの優勝経験もなく、長らく“南米最弱国”のレッテルを貼られてきた。だが、自国開催となったコパ・アメリカ2007を機に本格的な強化に乗り出し、2011年の同大会では過去最高の4位入賞を果たした。最新のFIFAランキングは29位。これは同国の過去最高ランクである。

■愛称は「赤ワイン」
ベネズエラ代表の愛称は「ビノ・ティント(Vino Tinto)」。日本語で「赤ワイン」を意味するが、これはユニフォームの色に由来している。ただ過去には、対戦国から「美味しい相手」という侮蔑の意味を込められて使われたこともあった。

■初の決勝進出
近年はユース年代で確かな実績を残している。昨年行われたU-20W杯では準優勝。FIFA主催の国際大会では初の決勝進出だった。またグループステージ敗退となったが、2013年には初のU-17W杯出場を果たしている。いずれの大会でも日本と対戦しており、成績は1勝1敗。U-17W杯では、MF三竿健斗がベンチに控えていた日本に1-3の敗戦を喫したが、U-20W杯ではMF堂安律とDF冨安健洋が出場した日本を決勝トーナメント1回戦で破った。

■日本をよく知る指揮官と教え子たち

ラファエル・ドゥダメル

ベネズエラ代表を率いるドゥダメル監督 [写真]=Getty Images

ベネズエラを率いるのは、元同国代表GKのラファエル・ドゥダメル氏。1973年生まれの45歳だ。2016年からA代表監督を務めているが、前述のU-17W杯とU-20W杯に出場したチームを率いたのも同氏だった。つまり日本のことをよく知っている。16日に発表された来日メンバーでは、GKウイルケル・ファリニェス、DFナウエル・フェラーレシ、DFロナルド・エルナンデス、MFヤンヘル・エレーラ、FWセルヒオ・コルドバの5選手がU-20W杯の日本戦に出場していた。

■“兼任対決”が実現
ドゥダメル監督は森保一監督と同じく、東京オリンピック世代のU-21代表を兼任している。U-21日本代表がパラグアイに遠征した今年3月には、ドゥダメル監督率いるU-21ベネズエラ代表とも対戦。3-3のドローゲームを演じた。今回の一戦は、両監督にとって8か月ぶりの再戦となる。

■注目の3選手

サロモン・ロンドン、トマス・リンコン、ダルウィン・マチス

(左から)ロンドン、リンコン、マチス [写真]=Getty Images

来日メンバー22名のうち、ベネズエラ国内でプレーしている選手は2人だけ。約9割が“海外組”になる。その中には将来有望な若手も含まれているが、欧州トップリーグで活躍する経験豊富な選手も健在だ。要注目は、FWサロモン・ロンドン、MFトマス・リンコン、MFダルウィン・マチスの3選手だろう。ロンドンは武藤嘉紀が所属するニューカッスルで9番をつける巨漢ストライカー。186センチ・86キロの恵まれた体躯を生かしたパワフルなシュートや空中戦の強さを武器とし、「グラディエーター」や「野獣」、「ベネズエラの重戦車」などの異名を持つ。一方、トリノに所属するリンコンは攻撃の起点となる司令塔、ウディネーゼに所属するマチスは快足自慢のウイングだ。セリエAで活躍する2人のパスからロンドンがゴールを狙う――ベネズエラのこの黄金ルートをいかに封じられるか。4連勝を狙う森保ジャパンにとって、重要なポイントとなりそうだ。

(記事/Footmedia)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る