2018.11.16

日本、PK被弾でベネズエラとドロー…森保監督体制の連勝は3でストップ

ベネズエラ戦のスターティングメンバー [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2018が16日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦した。

 GKはこれが代表デビュー戦となるシュミット・ダニエル。センターバックは吉田麻也と冨安健洋のコンビとなった。中島翔哉、南野拓実、堂安律と若きアタッカーたちも揃って先発に名を連ねている。

 39分、FKのチャンスを獲得すると中島が蹴ったボールを酒井宏樹が右足ダイレクトで合わせ、日本が先制に成功する。酒井は代表49試合目にして待望の初ゴールを挙げた。前半は日本の1点リードで折り返す。

酒井の得点で日本が先制する [写真]=新井賢一

 後半に入り81分、酒井がエリア内でルイス・ゴンサレスを倒してしまい、ベネズエラにPKが与えられる。このPKをトマス・リンコンに決められ、同点に追いつかれた。後半アディショナルタイム、途中出場の伊東純也のクロスボールから吉田麻也がゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。勝ち越しとはならず、試合は1-1で終了した。

 森保一監督就任からの連勝は「3」でストップ。史上初の就任からの4連勝達成とはならなかった。次戦は20日、愛知県の豊田スタジアムにてキルギス代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 1-1 ベネズエラ代表

【得点者】
1-0 39分 酒井宏樹(日本)
1-1 81分 トマス・リンコン(PK/ベネズエラ)

【スターティングメンバー】
日本(4-2-3-1)
シュミット・ダニエル:酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、佐々木翔:遠藤航、柴崎岳、中島翔哉(68分 原口元気)、南野拓実(77分 伊東純也)、堂安律(77分 杉本健勇):大迫勇也(68分 北川航也)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る