2018.10.17

キャプテンも舌を巻く攻撃陣…吉田麻也「『ここで満足せずに』って言いたいけど…」

ウルグアイから4点を奪った攻撃陣を目の当たりにして、吉田も驚きを隠せなかった [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦した日本代表は、南野拓実の3試合連続ゴールを皮切りに4点を記録。3失点を喫するも4-3でFIFAランキング5位の強豪を退けた。

 新キャプテンとして初先発した吉田麻也は「1点目はセットプレーからで、僕のファールも必要なかったし、(三浦)弦太にも言いましたけど、行くところと行かないところの判断の正確さは全員がもっと磨かなきゃいけない。1点目はセットプレーで、2点目はミスから。3点目は防げたんじゃないかなって思います」と、3失点を反省した。それでも、4点を奪って試合をモノにした攻撃陣を賞賛し、「ものすごい試合をした」と試合を振り返った。

「3失点してしまったのでディフェンスとしては複雑ですけど。正直、ものすごい試合をしたんじゃないかと思います。本来なら『ここで満足せずに』って言いたいですけど、僕もビックリするくらい前線が点を獲ってくれて驚いています(笑)」

 惜しくも敗れたベルギー戦からの再出発。代表チーム自分よりも若い選手ばかりとなったが、充実感でいっぱいだった。

「練習が非常に楽しくて、考えながら厳しトレーニングをしているので、上手くなれるんじゃないかっていう期待がすごく大きい。若い選手と話してても向上心がある。僕も色々なアドバイスができれば良いと思うし、凝り固まり始めたサッカー頭脳に刺激をもらって柔軟にしていきたい。お互いにとって良い物をチーム全体で作っていきたい。苦しいときに引っ張っていける選手になりたいと思っています」

 見据える先は4年後、2022年カタール・ワールドカップだ。目標はロシアで叶わなかった“ベスト8”。34歳となる4年後へ、ウルグアイを倒して第一歩を踏み出した。

「(ワールドカップに)出られるとしたら次が最後なので、最後に日本の歴史を塗り替えられるようにしたい」

 日本代表としての集大成、日本史上初の快挙へ、キャプテンの戦いが始まった。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る