2018.10.16

誰よりも試合を“楽しんだ”中島、CK時のリフティングは「遊びです(笑)」

日本の10番を背負う中島翔哉 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 日本代表は16日、FIFAランキング5位の強豪ウルグアイ代表と対戦。南野拓実が3戦連発となる2得点、さらに大迫勇也、堂安律が得点を挙げ、4-3で競り勝った。

 中島翔哉は2列目の左サイドで先発出場。まずは開始10分「ずっと一緒にやっているので、お互いの動きはわかる」と、南野へ完璧なくさびのパス。そのボールを受けた南野は華麗な反転から先制点を奪った。中島は惜しくも得点を決めることはできなかったが、果敢なシュートと切れ味鋭いドリブルで相手の脅威に。自身のモットーでもある「楽しい」を体現し続けた。

 ロシアW杯メンバーとの“融合”も森保一監督はテーマに掲げていたが、同じ左サイドの長友とも好連係を披露。「いい選手はたくさんいるのでコンビネーション、連係はやりやすいですし、自分はとにかく楽しくプレーすることを大事にしている」と中島。「今日はすごくいい試合ができて、楽しかった」と充実の表情だった。

 ちなみに前半のCK際にリフティングを披露したが、これについては「遊びです(笑)。特に何も考えていない(笑)」という。中島が心の底からサッカーを「楽しんでいた」からこそ自然と出た技だったのだろう。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る