2018.10.16

日本代表と4年ぶりに激突! ウルグアイ代表について知っておきたい8つのこと

ウルグアイ代表は16日、日本代表と対戦する(写真は10月12日の韓国戦)[写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 16日に行われるキリンチャレンジカップ2018で、日本代表はウルグアイ代表と対戦する。試合の注目ポイントや細かな戦術はさておき、今回も知っておくと、より試合が楽しくなるであろう8つのトリビアを紹介する。

写真=ゲッティイメージズ

人口は静岡県並み


南米にあるウルグアイは、アルゼンチンとブラジルという2つのサッカー大国に挟まれている。人口は約350万人で、静岡県の人口とほとんど変わらない。だが、これまでにワールドカップで優勝2回、ベスト4入りが3回という実績を誇る。またコパ・アメリカでは15回にわたって優勝しており、アルゼンチンの14回を上回って、大会最多記録になる。

監督はギネス記録保持者

14年にわたってウルグアイ代表を率いる71歳のオスカル・タバレス監督


チームを率いるのは、71歳のオスカル・タバレス監督。1988年からの2年間と、2006年からの12年間、計14年にわたってウルグアイ代表を率いる。今夏のロシアW杯では、大会の最高齢監督として注目を集めた。さらに今月、2つのギネス世界記録を達成したとして認定証を受領している。1つは一国の代表監督としての試合数(185試合)、そしてもう1つは監督としてのW杯出場回数(4回)だった。日本代表のW杯出場回数が6回であることを考えると、その凄さが分かるはずだ。なお、1987年に東京で行われたインターコンチネンタルカップでは、南米王者ペニャロール(ウルグアイ)の指揮官として来日を果たしている。

4年ぶりの対戦

札幌で対戦した4年前は2-0で日本に勝利


日本とウルグアイが対戦するのは今回で7回目。過去6回の対戦成績は、日本の1勝1分け4敗となっている。前回対戦は4年前のこと。2014年9月5日に札幌ドームで行われたキリンチャレンジカップで、0-2と敗れた。この試合はハビエル・アギーレ体制の初陣でもあり、FW皆川佑介、FW武藤嘉紀、MF森岡亮太、DF坂井達弥の4選手が代表デビューを果たしている。一方、ウルグアイを率いたのはタバレス監督。ピッチに立ったのも、DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)、GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)ら、今回メンバー入りした選手が多く含まれていた。

世界のトップ5


国際サッカー連盟(FIFA)が9月20日に発表した最新のFIFAランキングで、ウルグアイはベルギー、フランス、ブラジル、クロアチアに次ぐ5位にランクイン。なお、FIFAランキングのトップ10に入る代表チームを日本国内に迎え入れるのは4年ぶり、上記ウルグアイ戦以来のことになる。それだけ貴重な機会であり、ウルグアイに対しても感謝したいところだ。

W杯初代王者

1930年メキシコW杯優勝メンバー


ウルグアイはW杯の初代王者である。建国100周年を記念して、1930年にウルグアイで第1回大会が行われ、開催国である彼らが優勝を果たした。さらに1950年のブラジル大会では、地元ブラジルを決勝で破って2度目の世界制覇を達成。W杯の優勝回数でウルグアイを上回るのは、ブラジル(5回)、ドイツ(4回)、イタリア(4回)の3カ国しか存在しない。

本気のメンバー

スアレス(前列右端)、ヒメネス(後列左端)は招集外となったが、ロシアW杯に出場した主力が多く名を連ねた


エースのFWルイス・スアレス(バルセロナ)と将来の守備リーダーと期待されるDFホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード)は負傷のために招集外となった。それでも、来日メンバー22名のうち16名が今夏のロシアW杯を経験しており、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)でプレーする選手も11名を数える。

東京五輪世代が3選手

ロシアW杯にレギュラーとして出場し、東京五輪世代としても期待を集めるロドリゴ・ベンタンクール


日本と同じく、ウルグアイも世代交代の真っ只中。ロシアW杯のチームと比較すると、今回のメンバーの平均年齢は2歳以上も若返っている(ロシアW杯:28.7歳、今回:26.3歳)。そのうち3名は、1997年1月1日以降に生まれた“東京五輪世代”。DFマルセロ・サラッチ(ライプツィヒ)、MFロドリゴ・ベンタンクール(ユヴェントス)、MFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)だ。彼らは昨年韓国で行われたFIFA U-20ワールドカップに出場し、グループステージ第2戦では日本と対戦。同じピッチには、DF冨安健洋(シント・トロイデン)が立っていた。

ウルグアイ出身のJリーガー

2014年にセレッソ大阪に加入したディエゴ・フォルラン


ウルグアイ出身のJリーガーと言えば、まずディエゴ・フォルランの名前が挙がるだろう。2014年に推定年俸6億円でセレッソ大阪に加入。2シーズンでリーグ戦17得点に留まるなど、期待以上の活躍はできなかったが、“W杯得点王”のJリーグ入りは大きな話題となった。その他にも、DFフェルナンド・ピクン(浦和レッズ:1999-2000年)、FWマルセロ・リパティン(横浜F・マリノス:2001年)、MFアルバロ・ペーニャ(モンテディオ山形:2013年)、MFマティアス・カセラス(京都サンガF.C.:2018年)、FWレンゾ・ロペス(京都サンガF.C.:2018年~)の5名がJリーグのクラブに在籍した。

(記事/Footmedia)

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る