2018.10.16

冨安と同じく10代でA代表デビューを飾った一流センターバックたち

ディエゴ・ゴディン、セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァラン、マルキーニョス
10代でA代表デビューを飾った選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 12日に行われたキリンチャレンジカップ2018で、日本代表はパナマ代表に3-0の勝利を収めた。同試合では、東京五輪世代でもあるDF冨安健洋(シント・トロイデン)がA代表デビュー。19歳でのA代表デビューは、2012年のFW宮市亮(ザンクトパウリ)以来6年ぶりのことになる。センターバックとしては史上初めての快挙だった。そこで今回は、冨安と同じく10代でA代表デビューを飾った世界的なセンターバックを紹介する。

■ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード/ウルグアイ代表)

ディエゴ・ゴディン

(写真は2006年3月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1986年2月16日(32歳)

ウルグアイのDFリーダーを務めるゴディンがA代表初キャップを刻んだのは、19歳のとき。2005年に行われたメキシコとの国際親善試合だった。以降、ワールドカップとコパ・アメリカに3回ずつ出場。2011年のアルゼンチン大会で、自身初の南米王者に輝いている。また今夏には、ウルグアイ代表キャプテンとして史上最多のW杯出場数(8試合)を記録した。

■ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード/ウルグアイ代表)

ホセ・ヒメネス

(写真は2013年9月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1995年1月20日(23歳)

負傷のため、今回のアジア遠征には帯同しなかったが、クラブと代表の双方でゴディンとセンターバックコンビを組むヒメネスも、10代でA代表デビューを飾った一人だ。初出場を果たしたのは、2013年9月10日に行われた2014 FIFAワールドカップ 南米予選のコロンビア戦のこと。当時まだ18歳という若さだった。翌年の本大会では、チーム唯一の10代選手としてW杯メンバー入りを果たし、3試合に出場している。

■セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)

セルヒオ・ラモス

(写真は2005年11月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1986年3月30日(32歳)

現在、キャプテンを務めるS・ラモスがA代表デビューを飾ったのは、18歳と361日のとき。2005年3月26日に行われた中国との国際親善試合で、右サイドバックとして初出場を果たした。その後、センターバックへコンバートされると、2013年3月22日のフィンランド戦では、スペイン史上最年少で代表通算100試合出場を達成した。これまで159試合に出場しており、GKイケル・カシージャス(ポルト)が持つ最多出場記録まで、あと「8」に迫る。

■ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/フランス代表)

ラファエル・ヴァラン

(写真は2013年10月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1993年4月25日(25歳)

20歳の誕生日を目前に控えた2013年3月22日、2014 FIFAワールドカップ 欧州予選のジョージア戦でA代表デビュー。同い年のMFポール・ポグバも、同じ試合でA代表初出場を果たしている。だがその後、ヴァランは度重なる負傷に見舞われ、2014 FIFAワールドカップとユーロ2016の本大会を欠場した。そうして迎えた今夏のワールドカップでは、全7試合に出場して世界制覇を達成。初の大舞台で大きなことをやり遂げた。

■ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C/ベルギー代表)

ヴァンサン・コンパニ

(写真は2004年3月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1986年4月10日(32歳)

ベルギー代表の精神的支柱であるコンパニは、なんと17歳でA代表デビューを果たしている。今から14年前の2004年2月。フランスとの国際親善試合で、初めて代表のピッチに立った。飛び級に次ぐ飛び級を実現し、その後もコンスタントに招集メンバーに名を連ねたため、U-19代表やU-21代表での出場歴がないという変わった経歴を持つ。

■マタイス・デ・リフト(アヤックス/オランダ代表)

マタイス・デ・リフト

(写真は2017年3月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1999年8月12日(19歳)

コンパニのA代表デビューから13年後、同じく17歳でオランダ代表デビューを飾ったのがデ・リフトだ。2017年3月に初招集されると、同月25日に行われたブルガリアとのW杯予選でA代表初出場。自身のミスから2失点を招くほろ苦いデビュー戦となったが、今やバルセロナやマンチェスター・Uといったビッグクラブが争奪戦を繰り広げている。冨安と同じ東京五輪世代で、身長(188センチ)もまったく同じ。足下の技術に優れ、後方からのビルドアップを得意とする点も酷似しており、同世代のライバルとして要注目の選手だ。

■マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表)

マルキーニョス

(写真は2014年5月のもの) [写真]=Getty Images

生年月日:1994年5月14日(24歳)

2012年夏、弱冠18歳でコリンチャンスからローマに引き抜かれると、翌年11月に行われたホンジュラスとの国際親善試合でA代表初出場を果たした。もともと、ポルトガルとの二重国籍を所持。セレソンデビューの直前にはポルトガル代表入りの意向を示していたが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督(当時)が先んじて招集に踏み切ったという逸話がある。

(記事/Footmedia)

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る