2018.10.15

【スカサカ!ライブ】南米の強豪と激突、ウルグアイ戦の見どころは?

サッカー総合情報サイト

 番組MCの岩政大樹(東京ユナイテッドFC)とゲストの永井雄一郎氏、市川大祐氏、清水英斗氏が、10月16日に行われるキリンチャレンジカップ2018、日本代表対ウルグアイ代表戦に向けての予想を行った。

 日本は12日のパナマ代表戦に3-0で勝利。一方のウルグアイは、同日に韓国と親善試合を行い1-2で敗れている。

 まず気になるのはウルグアイ戦で誰を先発させるかだが、岩政はパナマ戦で「大迫勇也選手、南野拓実選手は早めに替えたけど、他はけっこう引っ張った」ことに注目し、「この2人以外、全員替えるんじゃないか」と予想。ウルグアイ戦のメンバーをこのように並べた。

「GKは東口順昭。DFはセンターバックが吉田麻也と三浦弦太で、両サイドバックは酒井宏樹と長友佑都。中盤は、柴崎岳は絶対に使うでしょうし、遠藤航もコスタリカ戦でよかったので使う。堂安律、中島翔哉はほぼ使うはず。南野選手がトップ下で、FWは大迫選手なんですが……FWも代えておきましょうか。川又堅碁選手はパナマ戦で点を取ったので(実際はオウンゴール)」

 市川氏はウルグアイ戦の注目ポイントをこのように挙げた。

「守備の堅さは伝統のものがあるので、そこを日本の攻撃陣がどう崩していくのか。スペインで多くのゴールを挙げているクリスティアン・ストゥアニと世界的FWのエディンソン・カバーニを日本のDF陣がどう止めにいくのかも気になりますね」

 また、永井氏はロシア・ワールドカップ以来の招集となった長友に注目しているようで、このように期待を語った。

「自分のチーム(ガラタサライ)でもペナルティエリアの中に進入し、裏に抜けてGKと1対1になってシュートを打つシーンがあり、今の代表のやり方の中でどういうプレーを選択しながらやっていくのかが楽しみですし、興味があります。チームを引っ張っていく存在になってほしいという気持ちもあるし、チームの底上げに貢献してほしい気持ちもあります」

 清水氏は9月のコスタリカ戦で躍動した中島、南野、堂安の3人に期待を寄せているようだ。

「この試合はヨーロッパのスカウトがみんな見ていると思うので、中島、南野、堂安には強烈な“就職活動”をしてほしいですね。これでビッグクラブへのオファーを勝ち取るぐらいの気持ちで結果を残してほしいです」

 パナマ戦ではダブルボランチのうち1枚が最終ラインに落ちて3バック気味になり、そこから縦パスを入れるビルドアップが多かったが、ウルグアイ戦ではどうするのか。市川氏はサイドでも起点を作るやり方を提唱した。

「中盤の柴崎、遠藤のところにナイタン・ナンデス、マティアス・ベシーノが絞ってくれば、長友や酒井が起点になれるシーンが増えます。逆に相手が開いてくれば、中盤2枚がボールを受けられるシーンが出てきます。南野選手がルーカス・トレイラをうまく引っ張りながら中盤のスペースを空けられれば面白いでしょう」

 一方、永井氏はパナマ戦ではサイドで起点を作るビルドアップが皆無だったことに着目し、「サイドで起点を作るというのはけっこう簡単な解決方法なんだけど、今日あれだけやらなかったことを考えると、そこを変えてくるのかな、という思いもある」と反論。「ロドリゴ・ベンタンクールがトップ下にいたらガンガン押されると思うので、その時にどういうやり方をするのか。前線の中央に人数をかけて、今までより早めに入れていくのかどうかに注目したい」と語った。

 また、岩政も「南米のチームは縦のボールに対してガツガツ来る」と相手のスタイルを警戒しつつ、「サイドに起点を作るのか、もう少し運んでいくのか。ビルドアップのスタート地点についてどう話しているのか気になります」と、この点に注目した。

 清水氏は注目選手に柴崎の名前を挙げ、その理由をこのように語った。

「柴﨑は攻撃のリズムを作れる選手ですけど、“森保監督が選ぶボランチ”っぽくないんですよ。森保監督は守備から入る指揮官で、できるだけ全体のバランスを崩さずにチームを作る。アタッカーは攻撃をしてほしいし、中盤は守ることがベースにある。そう考えると、柴崎は必ずしもそのタイプではない。でも、相手をうまく剥がしてくれるならメンバーから外したくないという気持ちがあるんだと思います。また、スペインで現在、そのポジションでやれていないというのも気になります。それでも使いたいと思わせられるかどうかに注目したいです」

 市川氏は「若い選手たちのギラギラ感、エネルギーをウルグアイ相手にどれだけ出せるのか」が注目だと語り、「(ウルグアイは日本の攻撃を)跳ね返せるだけの経験値、強さを持っているチームなので、そこをどう崩すのか。忍耐強く戦えるか。経験値が高くなる相手だと思います」と語った。

 岩政も、今回のウルグアイ戦は今後につながる試合になると予想した。

「うまくいっても、へし折られる結果になっても、いい経験になるでしょう。見る側としても、その後、彼らがどう反発していくかを見ておいたほうがいい。彼らの成長を同時に見ていくことになるので、キーになる試合だと思います」

 毎週金曜日21時から放送されている『スカサカ!ライブ』。次回は10月19日(金)21時からのオンエアとなり、キリンチャレンジカップの日本対ウルグアイ戦のレビューやルヴァンカップ準決勝第2戦のハイライト、J1第30節柏レイソル対名古屋グランパスの試合直後レビューなどが放送される予定となっている。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る