2018.10.13

森保サッカー知る佐々木翔、勝因は「チームのためにいかにできるか」

佐々木翔
恩師・森保一監督のもと日本代表で2試合連続先発の佐々木翔 [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し、3-0で快勝。左サイドバックでフル出場したDF佐々木翔は試合後、「メンバーが変わった中で、みんなが結果にこだわってやっていたし、よくコミュニーケーションをとれてやれていたと思う」と振り返り、「(個人的には)やれた部分はあるし、まだまだ足りない部分も多くある。簡単に改善できないこともあると思うので、そういうところは日々のトレーニングからやっていきたい」と話した。

 佐々木はサンフレッチェ広島で森保一監督の指導を受けており、「原則としてはやっぱりチームのためにいかにできるかというところ。目の前の相手に負けないのもそうだし、戦術以外の部分でも監督が強く示している部分はある」と指揮官のコンセプトを説明。その上で、「もちろんまだ戦術のところはもっと良くなって、浸透していくものはあると思うけど、結果が出せているのは、みんながそういうことを体現できているからだと思う」と勝因を語った。

 今回の日本代表には、ロシア・ワールドカップの主力メンバーも招集された。佐々木は左サイドでMF原口元気とコンビを組んだが、初の連携で苦戦もしたようだ。「元気が1対1で仕掛けるようなシーンを作ってあげることはなかなか難しかったけど、僕が外を走ることでサポートになると思うので、そういうところは心がけました。僕のポジショニングやボールに絡むところ、絡まないところでも相手が嫌がるポジションをとっていれば、元気の良さがもっと生きると思うので、前の選手を活かすようなこともしてあげないといけない」。

 それでも「この勝ちでチームとしてさらに一体感がでてきて、さらに良くなっていくんじゃないかなと思う」とW杯主力組が加わった新たなチームに手応えを感じており、佐々木自身も「なかなかこういった環境に僕はいなかったので、W杯で戦っていた海外組が身近にいるだけでもなかなかない経験なので、刺激的ですね」と語った。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る