2018.10.08

A代表初選出の北川航也、躍進の裏に大先輩・岡崎慎司からの助言あり!

北川航也
A代表初招集の北川。初々しい笑顔を見せていた [写真]=嶋田健一
サッカーキング編集部

 幼い頃から目標にしていたA代表にたどり着いた。「ここがスタートライン」。日本代表での初練習を終えたFW北川航也(清水エスパルス)は胸を高鳴らせた。

 今季はここまでリーグ戦28試合に出場し、自己最多の11得点を記録。負傷したFW小林悠(川崎フロンターレ)に代わり、追加招集された。森保一監督も選出理由について「結果を残している」と数字を評価する。

 そんな22歳FWの躍進を影で支えていたのが、清水のOBであり、憧れの存在であるFW岡崎慎司(レスター)だ。一昨年、岡崎と食事する機会に恵まれた際に連絡先を交換した北川は、それから分からないことがあると相談をしていたという。今季の結果が出ていない時期にもメッセージを送信。その返答には、“泥臭さ”で成功をつかみ取ってきた岡崎らしさがにじみ出ていた。

「シュートを打ち続けろ。ドリブルをし続けろ。プレスをかけ続けろ。クロスに入り続けろ」

 岡崎が清水時代に背負った23番を受け継ぐ北川は、そのメンタリティをもしっかりと受け継ぎ、ピッチを泥臭く走り回った。27節のガンバ大阪戦からは3試合連続ゴールを記録し、7日に行われたジュビロ磐田との“静岡ダービー”では圧巻の2得点2アシスト。勢いに乗ったまま日本代表に合流した。「特長である相手の背後に抜けるプレーを出せれば。エスパルスとやることは変わらない。チームが勝てるように貢献したい」。大先輩の背中を追い続ける北川が、日本代表のスタートラインに立った。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る