2018.09.18

快勝を手繰り寄せた確かな信頼関係…森保イズム体現した“急速充電作戦”?

森保ジャパンの快勝スタートには指揮官の理想を体現する教え子たちの存在があった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 9月15日、日本テレビは「サッカーアース」を放送。11日に開催されたキリンチャレンジカップ2018、コスタリカ戦に挑んだ日本代表を特集した。

 ロシア・ワールドカップから約2カ月、森保一新監督の下、大きく若返った新生・日本代表。注目のフォーメーションは3バックではなく、4バックを採用。サンフレッチェ広島時代の教え子、佐々木翔を左サイドバックで起用。ボランチの青山敏弘にはキャプテンを任せた。前線は両サイドに中島翔哉と堂安律を配置し、小林悠と南野拓実が2トップを組んだ。

[写真]=Getty Images

 日本は中島、南野、堂安を中心に前半から果敢に攻めに出た。16分には中島のコーナーキックに佐々木がヘディングで合わせると、相手のオウンゴールを誘い、森保ジャパン第一号となる先制点をマーク。後半には中島と遠藤航のチャンスメイクから、最後は南野が決めて追加点を奪う。さらに、アディショナルタイムには伊東純也が個人技からダメ押しとなる3点目を決めた。守ってもコスタリカ攻撃陣を完封し、初陣を3-0の快勝スタートを切った。

 試合後、森保監督は「コンセプトは選手に提示したが、具現化するのは簡単ではない。選手たちがトレーニングでやったこと、それぞれがコミュニケーションをとってチームとしてやろうとしたことを発揮してくれたと思います。勝利するためにチームの力をどうすれば最大限発揮できるかを常に考えながらこれからもやっていきたい」と試合を振り返った。

[写真]=Getty Images

 森保ジャパンの船出は結果、内容ともに申し分ない出来だった。では、ピッチに立った選手たちは何を意識していたのか。試合直後、それぞれの選手が以下のように語っている。

「新しい力。個の力が非常に高いものがあったので、どんどん彼ら(若手)にボールを集めて、思う存分やってほしい気持ちがあった。その信頼に結果で応えてくれた。後ろから見ていても本当に頼もしかったです。みんな『チームのために』というのを一番にやってくれましたし、チームのコンセプトがある中で個人を出してくれた。そこは“日本代表のあるべき姿”だと思いました」(青山敏弘)

「一人ひとりがチームのために走ったり戦ったり、守備でもみんなが一丸となってボールを奪いにいった。常にみんながみんなのためにプレーするのが、森保さんの目指すサッカーの1つだと思います。個人的なプレーとしては、青山さんがボールを持ったときに一瞬のタイミングで裏に抜けたシーンがあった。『いつ周りを見ているのかな?』と思うくらい僕の動きを見ずにボールを出してくれた。その(裏に飛び出す)準備は常に意識しているし、今後もこのチームでプレーする上で常に準備しておくべき大事なプレーだと思います」(浅野拓磨)

「サッカーなので、とにかく“楽しむこと”と“迷わないこと”が大事。チームメイトが良いパスをくれて自由にプレーできたので、とにかくゴールに向かって走ろうと思いました。森保さんの初めての試合で注目されていたのは分かっていましたけど、チームには良い選手がいるので、全く心配していなかったし、すごく楽しい試合になると思っていました」(中島翔哉)

「(代表デビュー戦は)緊張しました(笑) 点を獲れていれば、『どんなに内容が悪くても100点』と海外でプレーしている中で自分の考えになっている。そう考えると今日は0点が自分への評価になるのかなと。(試合が)終わってからグラウンドを一周しているとき、たくさんの声援が聞こえて、僕のユニフォームを持っている方がいて、最高の雰囲気でやらせてもらったことを考えると感慨深い90分だったと思います」(堂安律)

 さらに、同番組の解説を務める都並敏史も、森保ジャパンを絶賛した。

「素晴らしかった。見ていて楽しかったしワクワクした。何よりすごいのが森保監督。初陣で戦術的な規律を植え付けながら、選手たちがそれに縛られることもなく個性を出すのは本当に難しいこと。監督が適切なマネージメントをして、良いボリュームのメッセージを与える。本当に名将ですよ!」

[写真]=Getty Images

 国内外様々なクラブから招集される急造チームにあっても、“森保イズム”は揺るがなかった。森保監督は教え子の青山、佐々木、浅野を起用することで、自らが理想とする形を着実に再現できるよう準備を整えた。この“急速充電作戦”は見事にはまり、初陣から統率されたサッカーを展開するに至ったという。

「森保監督は上手いよね。(自分の戦術を)知っているメンバーを中心に置いてプレーさせていた。浅野選手は途中出場だったけど、青山選手とのラインは十二分に機能する。青山選手も最高でした。森保監督の戦術を熟知している青山選手だからこそ、ビルドアップの形ができていた。佐々木選手も効いてましたよ。青山選手が言うように、『チームのために尽くそう』という姿勢が見えた。中島選手がボールを持ったらオーバーラップして助ける。クロスを上げられる場面でも中島や堂安のような個人技が強い選手に預けて守備に戻っていた。監督の求めていることをやっていて素晴らしかったです」(都並氏)

 他にもボランチから積極的に攻め上がった遠藤、幾度となくチャンスメイクし代表初ゴールを決めた南野、持ち前の技術の高さを常に見せ続けた中島。信頼で結ばれたイレブンは各自が実力を遺憾なく発揮し、今後に可能性を感じさせる一戦だった。快勝スタートから1カ月後の10月12日、日本代表はパナマ代表と対戦。同16日には南米の強豪、ウルグアイ代表との一戦に挑む。2022年カタールW杯へ、長く険しい4年間の戦いは始まったばかりだ。

 なお、次回の「サッカーアース」は、9月22日(土)25:30から放送される(関東ローカル)。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る