2018.07.23

武藤嘉紀が自身の移籍について言及「プレーする可能性のあるクラブは複数ある」

武藤嘉紀が都内で開催されたサッカースクールに登場した
サッカー総合情報サイト

 マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が23日、「TOMAS SOCCER SCHOOL」に特別コーチとして登場。スクールの小学生たちとミニゲームやサイン会などを行った。

 終了後、メディアの取材に応じた武藤は、「特に緊張はしなかったけど、あの大舞台の雰囲気を強く感じて力みが出てしまった。こういう経験をしたからこそ、自分に足りないものが明確になりましたし、まだまだ成長できると実感できた。また4年間ひたすら自分を高めることに全てを懸けたいと思います」とロシア・ワールドカップを振り返った。

 初の大舞台となったロシアW杯は、グループステージ第3戦のポーランド戦で先発出場。しかし、ゴールを奪えないまま82分に途中交代。チームは0-1で敗れた。スクールの最中は子どもたちからポーランド戦について指摘があったようで、「何でポーランド戦で点を決めなかったの?と言われたので(笑) しっかり反省して、子どもたちがテレビの前で喜んでくれるように得点を量産していきたいです」と話した。

 武藤はさらに、自身の移籍問題について言及。「今シーズン、自分がどこに身を置くか分からないですけど、さらなる成長を求めて、より高いレベルでプレーしたい。自分を鍛えられるところに身を置きたい」と語った。

 すでに、プレミアリーグのクラブから獲得の打診があったと報じられたことに対し、「どこまで言って良いか難しいんですけど……、完璧に決まってからお伝えしたいです。とにかく、複数のクラブの可能性があることは皆さんにお伝えしたいと思います」と、正式にオファーがあったことを認めた。

「自分自身、ドイツで3年間プレーして多くのことを学んだので、もう1つ次のステップに進みたい気持ちもある。自分が成長できるところからオファーをもらって、決まればそこに身を置きたいと思う。それが自分のためになる。『新たな挑戦をする』と思って、ポジション争いもそうですし、厳しい環境に身を置いて成長したいです」と、来る新シーズンへ決意を語った。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る