2018.07.12

日本代表監督候補のドナドーニ氏、明言避ける「何も言うことはない」

ロベルト・ドナドーニ
日本代表次期監督候補に挙げられているドナドーニ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表の次期監督候補に昨シーズンまでボローニャを指揮したロベルト・ドナドーニ氏が挙がっている。イタリア紙『Corriere di Bologna』が11日に報じている。

 ドナドーニ氏は、2019年6月30日までの契約を残しながらも、今年5月にボローニャの指揮官を解任されている。そのドナドーニ氏は、同紙のインタビューに対し、「何も言うことはできない」とだけ話し、否定も肯定もしなかった。

 現役時代にミランの黄金時代を築き、イタリア代表としても活躍したドナドーニ氏。2000年に現役引退後は、指導者の道を歩み、リヴォルノやジェノアなどの指揮官を歴任。2006年にはイタリア代表監督に就任し、ユーロ2008では優勝したスペイン代表に決勝トーナメント1回戦でPK戦の末に敗れ、ベスト8に終わった。この大会後に解任され、その後は、ナポリ、カリアリ、パルマを指揮。2015年11月からボローニャの指揮官を務め、昨シーズンはその前のシーズンと同じ15位で終えた。しかし、ボローニャのジョーイ・サプット会長が、成績に不満を示し、解任となった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る