2018.07.07

日本代表の新監督は? 藤田俊哉氏「日本人で勝負する構図に…」

藤田俊哉
今後の代表監督について語る藤田氏 [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表を2018 FIFAワールドカップ ロシアでベスト16に導いた西野朗監督の退任が決まり、新指揮官が誰になるのか気になるところだ。かつて日本代表として活躍し、現在はイギリスのリーズ・ユナイテッドで働いている藤田俊哉氏が、次期監督について語った。

「日本人監督でいい流れを作ってW杯ベスト16までこれた。この流れを使わない手はないと思います。行けるところまで日本人の監督にトライさせれば、腕をあげるチャンスにもなる。もう日本代表は日本人で勝負する構図に入ってもいいと思います」

「海外のことを知っていて世界大会の経験がある人を監督にするのも一つの手ですが、最終的にどういうチームが勝つかといったら、自国の監督が自国を率いてトライしている国なんです」

 これまでW杯優勝を経験した国はたくさんあるが、外国人監督を招へいして優勝した国は存在しない。藤田氏は「日本もそういう時期に入った」として、新監督になるべき人物を述べた。

「今で考えたら森保一さん(東京オリンピック代表監督)が、A代表も兼任して見る。そうすることで若い世代をA代表でトライさせることも難しくない。総合的にマネジメントできるという意味では、有効な選択肢だと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る