2018.07.05

長谷部誠が“日本代表主将”として最後の仕事「喪失感はすごいです」

長谷部誠
日本代表のキャプテンとして会見に出席した長谷部誠 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアでの戦いを終えた日本代表が5日に帰国し、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長、日本代表の西野朗監督、MF長谷部誠の3人が記者会見を行った。

 キャプテンとして日本代表をけん引した長谷部は、「本当に日本中の方々、現地に足を運んでくれた方、日本で応援してくれているのも耳に届いていました。今日も空港で出迎えてくれました。選手冥利に尽きると思います。ありがとうござました」と、選手を代表して感謝を述べた。

 大会前はファン・サポーターの期待は決して高くなかったが、この日は空港に約800人が駆けつけ、大きな声援を送った。長谷部は「無関心が一番怖いと思っていて、このW杯でみなさんの関心をまた集められたと思いますので、これからも時には厳しく、時には暖かく見守ってほしいです。本当に素晴らしいサポートをありがとうございました」と改めて感謝のコメント。また、批判的な声を力に変えて戦ったW杯をこう振り返った。

「選手が口を揃えていろんなところで話していたのは、みなさんに期待されていない状況を絶対にひっくり返してやろうと。その思いが強かった分、今回こうしてみなさんの期待を取り戻せたと思うので、そういう意味では『やってやった』ではないですけど(笑)、そういう気持ちももちろんありますし、逆にそういう厳しいお言葉がこのチームの力になったかなと思います」

 敗退決定後には日本代表からの引退を表明した。「12年、13年、日本代表としてプレーさせていただいて、この会見が終わったら僕の日本代表としての公式的なものはすべて終わるので、喪失感はすごいですね。今までここが、当たり前と言ってはなんですが、長い時間、居させてもらった中でそれがなくなる。帰りの飛行機でも感傷に浸っていました」と寂しげな表情を浮かべたが、「今は99パーセントの満足と1パーセントの後悔。その1パーセントの後悔をこの後の人生に繋げられるように頑張っていきたいと思います」と前を向いた。

 そして次世代の日本代表についても言及。「散步隊は続けてほしいなと思いますけどね。僕はあまり参加しなかったんですけど、コミュニケーションの一つなのでいいなと思うところもあり、まあ今のはみなさんに笑っていただくところなんですけど(笑)」と冗談を交えつつ、「今回のW杯は選手たちが、自分たちがやらなきゃいけないということを感じてつくりあげてきた戦いでした。これはもちろん日本代表のベースになると思います。今回も若い選手はたくさんいたので、そういう選手たちが引き継いでくれるものと思っています」と期待を込めてバトンを託した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る