2018.07.05

任期を全うした46日間…退任決定の西野監督「ベスト16を突破できる段階にある」

日本代表の西野朗監督
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアでベスト16の成績を残した日本代表が帰国。田嶋幸三会長、西野朗監督、キャプテンの長谷部誠が会見に登壇した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の解任に伴い、4月上旬に急遽指揮官に任命された西野監督。本大会まで残り約2カ月という短い準備期間の中、下馬評を覆し2大会ぶり3度目の決勝トーナメントへ導いた。

 監督就任から今日で46日目を迎える西野監督は「結果は一つしか勝てませんでしたが、W杯での1ポイント、1ゴール、1プレーは本当に厳しい。グループステージを突破すること、決勝トーナメントで勝ち上がることの厳しさを知らされました。選手たちは本当にたくましく戦ってくれた」と称賛した。その一方で「8年周期でベスト16にチャレンジしている。このスパンではダメだと思います」と指摘。「次のカタールで間違いなくベスト16を突破できる段階にはあると思うので、必ず4年後に選手たちが成し遂げてくれる状態につなげたという成果だけは感じたいと思います」と史上初のベスト8へ期待を寄せた。

 会見の最後には田嶋会長が「西野さんとは『今大会の結果がどうであれこれが最後』と約束し、慰留することはしませんでした。7月末を持って日本代表の監督を退任します。また違った形で日本サッカーに貢献し、サポートしていただければと思います」と退任を明言。西野監督も「技術委員長として約2年、W杯直前に監督を務めましたが、本当に大きなミッションだったと思います」と振り返り、「アンダーカテゴリーも含めて日本代表は世界での活動が続きますので、たくさん応援してあげてほしいと思います。本当にありがとうございました」と挨拶。会見終了後には報道陣から大きな拍手が沸き起こった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る