2018.06.26

酒井宏樹のマネ対策はアプリを使用?「彼の動作が全て詰まっている」

酒井宏樹が行ったマネ対策とは [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF酒井宏樹は25日、2018 FIFA ワールドカップ ロシア、グループステージ第2戦のセネガル戦を振り返り、サディオ・マネとのマッチアップについて語った。

 2-2のドローに終わった試合後、選手たちは口を揃えて「勝てたゲームだった」と悔しさを吐露した。それでも、2度のビハインドから同点に追いついたことで勝ち点1を獲得。次戦は引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定する。コロンビア戦に続きフル出場した酒井は、相手のエース、マネとマッチアップ。前半にこぼれ球を押し込まれ得点を許したが、その後は粘り強い守備で決定機を与えなかった。

 マネとのマッチアップを振り返り酒井は、対決前の分析について明かした。

「今の世の中にはアプリがあるので(笑) 彼の動作が全て詰まっている。癖だったり、どういうドリブルをしてくれるのか、ゴール前だったら、ゴールから遠い位置だったら、ダイブはしてくるのか。そういうのを全て考えて、対策を練っていました」

 市場に流通する一般的なアプリではなく、専門的なものだというが、その対策は見事にハマり、酒井は互角以上のパフォーマンスを披露した。

 さらに、セネガル戦ではスカウティングでも力を発揮した。セネガルは初戦のポーランド戦、4-4-2で試合に臨むと、途中でフォーメーションを変えるなど、臨機応変な戦いを見せていた。そして、日本戦ではマネを左サイドに配置した4-3-3を採用してきた。それでも、日本は事前のスカウティングから予想できていたと酒井は話す。

「スカウティングに関しては(セネガルのフォーメーションは)4-1-4-1が有力だったので、そこはスカウティング陣を褒めたい(笑)。この可能性が高いんじゃないかという感じは全て出ていて、試合前のメンバー発表を見てもこれだという選手が入ってた」

 勝利を手にすることはできなかったが、的確な対策は大きな勝ち点1を導いた。日本は次戦28日、ポーランド代表と対戦し、引き分け以上で2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決定する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る