2018.06.25

長谷部誠が明かしたオフサイドトラップの真相「監督が『絶対かけろ』って」

セネガル戦の翌日、長谷部誠が取材に応じた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFA ワールドカップ ロシア、グループステージ第2戦のセネガル戦から一夜明け、長谷部誠がメディアの取材に応じた。

 2-2のドロー決着となった一戦を振り返り、長谷部は「勝ち点3を取れたんですけど、2回リードされて追いついたのは悪くない結果だと思うし、次の3戦目につながるゲームだったと思います」と語った。

 前半に川島永嗣のクリアミスから失点するも、乾貴士のゴールで同点に追いついた。後半には再び失点しリードを許す展開となる。それでも、本田圭佑が3大会連続となるゴールを決めて、勝ち点1を獲得した。初戦のコロンビア戦に勝利し、セネガル戦でも勝ち点1を拾ったことで、決勝トーナメント進出が近付いた。しかし、日本がボールを支配し、チャンスも多く演出していただけに、試合後は悔しさを口にする選手も多かった。
 
「みんなの中で勝ち点3を取れたという感覚があると思う。そういう部分では悔しさはあるし、2度追いつけた自信にもなったゲームでもある」

 悔しさも手応えも両方感じる一戦だったが、この試合では日本代表が“駆け引きの妙”が垣間見せる場面もあった。前半、セネガルがフリーキックを獲得すると、キッカーがボールを蹴る瞬間、日本はディフェンスラインを一気に上げてオフサイドトラップを仕掛けた。これが見事にはまり、フィジカルで勝る相手のチャンスを消し去った。この奇策について長谷部は「あれは初戦からやろうという話をしていた。初戦もやろうとしたんですけど、やめた方が良いという選手もいたので、やめたんですけど。監督はやってほしかったらしくて、『2試合目は絶対かけろ』って。それでやりました」と明かした。

 次戦の相手は2連敗でグループステージ敗退が決定したポーランド代表。日本は引き分け以上で2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決定する。しかし、あくまで目指すのは“勝利”だと長谷部は話す。

「例えば引き分け狙いで臨んで、それを取れるようなことはないと思うし、チームとして勝って次に行かないといけない。この2試合で勝ち点4ですけど、まだ何も勝ち取っていなですし、次の3戦目が運命の試合になると思います」

 運命のポーランド戦は28日にキックオフを迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る