2018.06.25

日本代表も要警戒? “2連敗のポーランド代表”にまつわる不気味な記録

ポーランド
すでに2連敗を喫しているポーランドだが、警戒が必要だ [写真]=PressFocus/MB Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 24日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦で、ポーランド代表はコロンビア代表に0-3で敗れた。これによりグループステージ敗退が決定したポーランドだが、28日の第3戦で対戦する日本代表にとって“不気味”なデータが存在している。

 そのデータとは、「ポーランドはグループステージで2連敗後に1勝する」というものだ。2002年の日韓大会で、ポーランドは初戦で韓国代表に0-2で敗戦。第2戦もポルトガル代表に0-4で敗れたが、第3戦ではアメリカ代表に3-1で勝利している。

 また、2006年のドイツ大会でも、ポーランドはエクアドル代表との初戦を0-2で落とし、第2戦もドイツ代表に0-1で敗れた。しかし、第3戦はコスタリカ代表に2-1で勝利。一矢を報いている。

 そして、今大会もポーランドはここまで初戦のセネガル代表戦と第2戦のコロンビア戦を落とし、2連敗で日本との第3戦を迎えることとなった。過去のデータを見る限り、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる日本としても、十分に警戒してポーランド戦に臨む必要があると言えるだろう(仮に敗れてもセネガルがコロンビアに勝利すれば日本は決勝トーナメントに進出する)。

 日本とポーランドの一戦は、28日17時(日本時間28日23時)にキックオフを迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る