2018.06.25

伊メディア、乾貴士にセネガル戦の最高評価「スピード、ファンタジー…」

乾貴士
セネガル戦で1得点1アシストの活躍を見せた乾貴士(奥) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2節が24日に行われ、日本代表とセネガル代表は2-2で引き分けた。イタリアメディア『メディアセット』は試合後、出場選手への採点(10点満点)を発表。1得点1アシストの活躍を見せたMF乾貴士に日本代表の最高評価「7.5」が与えられた。

 日本は11分にセネガルFWサディオ・マネに先制ゴールを許したものの、34分に乾が同点ゴール。再び勝ち越されて迎えた78分には、乾が左サイド深くからの折り返しをMF本田圭佑に通し、2-2の同点となる得点をアシストした。

 同メディアは出場全選手への採点を発表。乾はマネとともに「7.5」が与えられた。日本代表ではMF長谷部誠と本田が「7」、DF長友佑都とDF酒井宏樹、MF柴崎岳、FW大迫勇也、FW岡崎慎司が「6.5」となっている。

 最高評価を与えた乾について同メディアは「スピード、ファンタジー、そしてゴールの嗅覚。大迫をサポートし、とても攻撃的にプレーした。1ゴールに加え、狙い済ましたようなシュートでゴールバーを直撃したシュートも放った」と、攻撃面での貢献を称賛していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る