2018.06.25

本田圭佑、日本初のW杯3大会連続得点…計4ゴールはアジア勢歴代最多

本田圭佑
W杯3大会連続得点を記録した本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2節が24日に行われ、日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けた。日本を救う同点ゴールを決めたのは、途中出場でピッチに立ったMF本田圭佑。同選手にとって、W杯3大会連続での得点だった。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、日本人選手がW杯3大会連続で得点を記録したのは史上初の快挙。さらに、アジアのチームにおける大会歴代トップスコアラー(4得点)となった。

 本田はW杯で通算9試合に出場し、4得点を記録。2010年の南アフリカ大会・グループステージ第1節以来、日本が臨んだ全ての試合でピッチに立っている。同大会のカメルーン代表戦とデンマーク代表戦、2014年ブラジル大会のコートジボワール代表戦、そして今大会のセネガル戦でゴールネットを揺らした。

 28日に行われるポーランド代表戦でもピッチに立てば、W杯通算10試合目の出場となる本田。得点数をさらに更新する活躍に期待がかかる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る