2018.06.25

「決定力がない」と言われ続けた乾貴士…W杯初ゴールに秘めた思いとは?

乾貴士
セネガル戦で同点ゴールを決めた乾貴士 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本を勢い付けるゴールを奪ったのは、「決定力がない」と言われ続けていた乾貴士だった。34分、長友佑都から受け取ったボールを、ペナルティエリア内左からカーブをかけて蹴り込む。ゴール右隅に決まり、スコアをタイに戻した。セネガル戦を2-2で終えた後、乾は2018 FIFAワールドカップ ロシアの初ゴールシーンを振り返った。

「自分が持ってうまくゴール方向に向けたので、得意のコースでしたし思い切って打ってみようかなと。シュートも少なかった時間帯だったので、思い切って打った結果がああなったかなと思います」

「俺が中に入って(長友)佑都くんがオーバーラップしていくと、相手はマークの受け渡しがうまくできていなかった。なので、そこを使っていこうっていう風に思っていました」

 決定力がないとサッカー人生で言われ続け、自分自身でもわかっていると明かしており、セネガル戦でのゴールも「たまたま今入っているだけ」、「自分の実力だと思っていない」と控えめに自己評価した。チームメイトの方がゴールを奪う可能性が高ければ、パスをするのが当然。そう語る乾は「それでも」と言葉を続けた。

「短期間の大会でゴールが奪えるのはいいことだと思いますし、ちょっとでもチームのために、日本のためにできるなら、自分としてはすごく光栄なことです。これを続けていければなと思います」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る