2018.06.25

香川が明かす試合後の“空気感”「みんな勝ち切りたかったと思っていた」

香川真司
トップ下で先発した香川真司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は24日、セネガル代表と対戦。相手に2度もリードを許す展開ながらも、乾貴士と本田圭佑の得点で2-2のドローに持ち込み、決勝トーナメント進出に向けてまた一歩前進した。

 香川真司はトップ下のポジションで先発出場。序盤はセネガルのアグレッシブなプレーに手を焼いたが、「相手の裏を突きながら、いいポゼッションができていた」と振り返ったように、徐々に日本がボールを保持しながら相手陣内に攻め込んでいく。「引き分け狙いの消極的な戦いではなくて、どんどん攻撃的に行けるところは行く。それをみんなが意思統一しながら連動できていた」と攻撃面での戦い方には手応えを感じていたようだ。

 結果は試合終盤に追いつき、勝ち点1を獲得。2大会ぶりの決勝トーナメント進出に向けて大きな勝ち点1となったが、選手たちの間では“負けなくて良かった”ではなく、「勝ち切りたかった」という空気が流れていたようだ。

「90分を通して苦しい時間帯もありますけど、慌てずに何をやるべきか理解できている。ただ、勝ち切らないと次には行けない。どうやったら勝ち切れるか。どうやったら失点をなくせるか。次が本当に大事になってくるので、切り替えて全力を尽くしたい」

 次戦は28日、ポーランド代表との一戦で引き分け以上の成績で突破が確定するが、香川は「勝ち切る」姿勢を強調した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る