2018.06.25

「W杯がそうさせる」…同点弾の本田圭佑、ベンチでも「点が入るのは嬉しい」

本田圭佑
3大会連続ゴールを挙げた本田 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けた。試合後、本田圭佑がインタビューに応じた。

 途中出場からW杯で3大会連続となるゴールを決めた本田は「こういう流れの中で出て、結果を出せたことは嬉しく思っています」と同点弾を喜んだ一方で、「チームとして欲を言えば、1-1のまま僕が出たりできて、勝ち点3を取りにいけたらという欲はもちろんあります。それが出来なかったから最終戦までもつれることになった。でもこれがW杯でもある」と勝利への意欲を示した。

 だが、2度追いついたことについては「もちろん(評価できる)。でも、いいとは考えられない。失点しちゃってるんで。緊張感は続きますよね」と点を奪われていることを悔やんだ。

 これまでの大会とは違ってベンチスタートとなっている本田。途中出場の際は「準備の仕方は明らかに違う」と断言。しかし、「サッカー人生でサブに対してこれだけ前向きに考えれたサッカー人生はなかった。それはW杯がそうさせてくれてると思う。一発目で決めないとっていう緊張感の中で準備はしてるつもりでいる」と心構えを語った。

 具体的に前向きになれていることについては「単純に1点1点がベンチにいても嬉しい」とW杯独特の喜びがあることを明かした。「親善試合や予選でサブだと、W杯出て当たり前。勝って当たり前、点が入っても普通。そういったものとは試合の重要度が違いすぎる」

 また、日本代表では、親善試合などでもゴールが決まった時にはベンチ総立ちで喜ぶ姿もよく見られるが、本田は「ベンチが喜ばなきゃいけない決まりがあるのか、槙野(智章)がいつも前に飛び出て行く。練習試合で僕が飛び出て行かなかったら、『なんで本田飛び出てへんねん』みたいな雰囲気を槙野が出してくる」と報道陣を笑わせたが、「僕からしたらいらんやろってことで、これまで普通にベンチに座ってきた。人のゴールでもこれだけ嬉しいのは、これまでなかったのは間違いない」とW杯が特別な大会であることを強調した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る