2018.06.25

マネが英『BBC』の試合採点トップ評価…3大会連続弾の本田が僅差で次点

ゴールを決めたマネ(左)と本田圭佑(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、日本代表とセネガル代表は2-2で引き分けた。イギリスメディア『BBC』が試合後、ユーザー投票による試合の採点を発表し、セネガル代表FWサディオ・マネがトップ評価でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

 試合は11分にマネのゴールでセネガルが先制するが、34分にMF乾貴士の得点で日本が追いついて折り返す。後半に入って71分にセネガルはDFムサ・ワゲが勝ち越しゴールを奪うが、日本は途中出場のMF本田圭佑が78分に同点ゴールを奪い、2-2で終了した。

『BBC』の採点では、マネが「7.63」で両チーム通じてトップの採点をマーク。W杯3大会連続ゴールを決めた本田が「7.61」、日本の1点目を挙げた乾が「7.28」、体を張って本田のゴールを演出したFW岡崎慎司が「6.79」で続いた。

 なお、最低点はミスから先制点を献上したGK川島永嗣で「4.57」。川島はパンチングでのクリアボールがそのままマネの足に当たって失点につながり、試合後には「完全に自分のミスです」と反省。試合では好セーブも見せたが、先制点の印象が強く、低い評価となった。

▼日本代表の採点トップ5
7.61 本田圭佑
7.28 乾貴士
6.79 岡崎慎司
6.43 長友佑都
6.42 香川真司

▼セネガル代表の採点トップ5
7.63 サディオ・マネ
6.69 エムバイェ・ニアン
6.57 カリドゥ・クリバリ
6.48 イドリッサ・ゲイェ
6.41 サリフ・サネ

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る