2018.06.25

乾の先制点をアシストした長友佑都「相手の裏は常に狙っていた」

長友佑都
先制点をアシストした長友 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けた。フル出場した長友佑都が、試合を振り返った。

「1点取られて取り返して、もう1点取られて、最後まで諦めずに最後同点にできたということは、良かったかなと思います」

 日本の1点目となる乾貴士のゴールの起点となった長友はゴールシーンについて「貴士が全て。いい位置にいてくれましたし、貴士のシュートを褒めたいと思います。僕は何もしてないです」とゴールを決めた乾を称賛しつつ、「相手の裏っていうのは常に狙っていた。一番嫌なところを狙おうとその強い気持ちで狙ってました」と語った。

 また、対戦前には要注意人物にあげていた背番号18のFWイスマイラ・サールについては、「もうスピードは世界のトップクラスですし、これからビッグクラブに行くような選手だなって感じてます。本当に素晴らしい選手です」と対戦相手を讃えた。

 この試合引き分けたことにより勝ち点4となった日本。長友は第3戦のポーランド戦に向けて意気込みを語った。

「次の試合、大事な試合があるので、もうすぐに切り替えたいと思います。ポーランドにしっかりと勝って、いい形で決勝トーナメントにいけるようにしっかり頑張りたいと思います」

「強い気持ちと戦う気持ち。あとは、一つになること。それに尽きると思います。今、雰囲気もいいんで、しっかりと最後まで戦いたいと思います」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング