2018.06.24

宇佐美貴史、大一番セネガル戦のカギは「粘り強さ」と「隙きを突く」

宇佐美貴史
W杯初参加の日本代表MF宇佐美貴史 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は23日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦のセネガル戦を翌日に控え、試合会場のエカテリンブルク・アリーナで公式会見と公式練習を実施。MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は練習後、同試合のカギについて「粘り強く戦うこと」と「隙きを突いていくところ」を挙げた。

 初戦でコロンビア代表に勝利した日本は、同じく白星スタートのセネガル代表と対戦する。宇佐美は、「90分通して集中がフルで続くとは思えないし、どこかでパッと切れるときがあると思うので、そこを粘り強く戦うこと。もちろん、すごく強い相手だし、個々にすごい能力を持った選手がたくさんいるので、しっかりケアをしながら、どういうところで粘り強く戦い、チャンスをつかんでいくか、またチャンスを与えないかってところに尽きる」と試合を見据えた。

 どちらのチームにとっても勝てばグループステージ突破に大きく前進する大事な一戦。「セネガルは間違いなく明日にぶつけてくると思うので、相手の勢いや熱意におされないように、チーム全体でしっかり準備したい」と宇佐美は警戒をしつつ、相手のわずかな「隙」に勝機を見ている。

「なかなか1対1や高さ、スピートで勝っていくのは難しいと思うので、枚数で勝っていくというところになっていくと思う。(セネガルは)ボールウォッチャーになる瞬間があったり、わりとポジショニングを適当にやってしまっても、個の能力でカバーできる選手たちが多い。ポジショニングやマークを見ながらフッっと抜けるシーンがあると思うので、そういうところを上手く突いていく。動き出しでオフの時や、ボールを持ってオフの選手を使う時の隙きを突いていくところがピッタリ合えば、チャンスのシーンは出てくると思う」

 攻守に置いて重要となるセットプレーに関しても、「チーム全体を分析した感じでは隙はある」と続け、「圧倒的に個に自信を持っていたり、自分自身で跳ね返せるぞって自信を持っているぶん、枚数とかポジショニングとかマークとかを疎かにやってくる瞬間はあると思うので、CKに関しても粘り強く何度も重ねていくことが大事かなと思う」と分析した。

 会見では西野朗監督が、「基本的にスタメンはコロンビア戦をベースとして考えています」と明言。そのため宇佐美は初戦に続きベンチスタートが濃厚だが、「どっかのタイミングで代わって出た選手が結果を残さないといけない状況は絶対あると思うし、そういうときのためにしっかり準備しておくこと、出たい気持ちとか出たらどうするぞという気持ちを常に積み重ねておくことが大事」とW杯初出場へ静かに闘志を燃やし、「チームのために準備をし続け、チームのために何かしらアクションを起こし続けることが、必ずチームのためになると思うし、そういう行動を積み重ねていると自分にも返ってくると思う」と“総力戦”に意気込んだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る