2018.06.22

セネガル戦へ意気込む乾貴士、使用スパイクは「明日の練習で決めます」

乾貴士
コロンビア戦ではフル出場で勝利に貢献した乾貴士 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦でコロンビア代表を下した日本代表は、24日に第2戦でセネガル代表と対戦する。重要な一戦を前に、MF乾貴士が意気込みを語った。

 コロンビア戦ではフル出場で勝利に貢献したものの、試合後には「チームに迷惑をかけてしまった」と猛省していた乾。自身初の舞台でも「緊張とかは全然なかった」というが、「プレーが良くなかったです。相手の寄せも速かったし、当たりの激しさに負けてしまったっていうのがあったので」と改めて反省の言葉を述べた。それでも、「引きずっていても仕方ない。次のセネガルもそういうところはあるので、そこに負けないように、判断の速さで勝っていきたいなと思います」とすでに気持ちを切り替えた様子だ。

 セネガルの印象については「身体能力が高いし足も速い」と警戒した一方、「ポジショニングとか、そういうところはルーズになってくると思うので、そこを突いていきたい」とイメージを膨らませている。

 乾と言えば、大会前最後の親善試合パラグアイ戦で前半に決定機を外したことで、西野朗監督に「スパイクになにか入っているのか」とイジられ、スパイクを変更して臨んだ後半に2ゴールを挙げたことが話題となった。

 この日も報道陣からセネガル戦へ向けたスパイク選びについて質問が及ぶと、「(今日は)試合のグラウンドとは違うので、明日の前日練習で決めたいなと。でも二択しかないので。(スタッドが)ミックスか固定しかないので(笑)」と、現時点では決まっていないことを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る