2018.06.21

浅野拓磨、バックアップ参加のW杯から離脱「この悔しさ、経験を無駄にしない」

浅野拓磨
バックアップメンバーとして日本代表に参加した浅野拓磨。初戦の勝利を見届けて帰国の途についた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FW浅野拓磨が20日、バックアップメンバーとして参加していた日本代表から離脱し帰国。同日に自身のInstagram(@asatakugram)で心境を明かした。

 浅野は「これまでバックアップメンバーとしてロシアワールドカップの日本代表に帯同してきましたが今日でチームを離れる事になりました」と報告し、「僕にとってのロシアワールドカップに向けた挑戦はここで終わりますがこれまで日本代表の皆さんと一緒にワールドカップに向けた準備をしてこれたことは絶対に自分にとっていい経験となり力になると思います」とコメントした。

 日本代表がコロンビア代表に2-1の勝利を収めたW杯初戦を見届け、「コロンビア戦での勝利はチーム、日本が1つになって掴めたものだと思います」と感想をつづり、「凄く嬉しかった。ただ正直、それと同時に込み上げてくる悔しさもあります」とピッチの外から観戦した心境を明かした。そして「この悔しさ、この経験を無駄にせず未来の自分がいつか、あの時があったから今がある、今に繋がっていると思えるようにまたここから全力で頑張りたいと思います」と未来を見据えて意気込んだ。

 最後に「日本代表の皆さんには責任やプレッシャーも感じると思いますが何よりも自信をもって残りの試合を頑張って欲しいです!僕は全力で応援します!日本を1つに共に戦いましょう!」とエールを送り、「『感謝。』」といつもの言葉で締めくくった。

これまでバックアップメンバーとしてロシアワールドカップの日本代表に帯同してきましたが今日でチームを離れる事になりました。僕にとってのロシアワールドカップに向けた挑戦はここで終わりますがこれまで日本代表の皆さんと一緒にワールドカップに向けた準備をしてこれたことは絶対に自分にとっていい経験となり力になると思います。 コロンビア戦での勝利はチーム、日本が1つになって掴めたものだと思います。凄く嬉しかった。ただ正直、それと同時に込み上げてくる悔しさもあります。この悔しさ、この経験を無駄にせず未来の自分がいつか、あの時があったから今がある、今に繋がっていると思えるようにまたここから全力で頑張りたいと思います。 日本代表の皆さんには責任やプレッシャーも感じると思いますが何よりも自信をもって残りの試合を頑張って欲しいです! 僕は全力で応援します! 日本を1つに共に戦いましょう! 『感謝。』 #日本代表 #ロシアワールドカップ #勝利の笑みを君と #感謝。

A post shared by Takuma Asano (@asatakugram) on

 現在23歳の浅野は、昨年8月31日に行われたロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦で、日本代表のW杯出場を決めるゴールをマーク。だが、アーセナルからシュトゥットガルトにレンタル移籍していた今シーズンは前半戦こそブンデスリーガ15試合に出場したが、後半戦は出場機会を失ったままシーズンを終えていた。5月30日に行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦メンバー27名に選ばれたが、最後のアピールの場で出場はなく、W杯メンバー23名からも落選。だが、バックアップメンバーとして代表チームに参加していた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る