2018.06.20

「苦い記憶に」…コロンビア代表監督、日本戦に敗れ「大きなショック」

ホセ・ペケルマン
コロンビア代表を率いるペケルマン監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コロンビア代表を率いるホセ・ペケルマン監督が、日本代表に敗れショックを受けていることを明かした。大手メディア『ESPN』など複数のメディアが伝えている。

 19日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が行われ、コロンビア代表は日本代表と対戦。試合開始3分にカルロス・サンチェスが一発退場となった影響もあり、1-2で敗戦を喫した。

 試合後、インタビューに応じたペケルマン監督は「苦い記憶となった」と振り返り、次のように続けた。

「我々は全く違ったものを期待していた。勝利することから始まることを望んでいた。この試合でポジティブだったことは、チームが奮起して追いついたところだ。あれは非常にいいリアクションだった。あのような反応を見せることができれば、次の2試合で前を向いて、勝利することも可能となる」

「途中出場させた選手たちを見れば、私が守備的なプレーを望んでいなかったことは分かるだろう。私はサイドでプレーすることにより、彼らがボールを前線に送った後に、我々が日本に問題を起こそうとしていた」

「とてつもない努力をして同点に追いついた後だったから、今の我々はとても大きなショックを受けている。我々は非常に疲れていたから負けてしまった。例え、複数のフレッシュな選手を投入していたとしても、日本が支配していた状況を取り戻すことはとても難しかったと思う。この結果は、苦い記憶として我々に残るだろう」

 グループH第2戦では24日、コロンビアはポーランド代表と、日本はセネガル代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る