2018.06.20

思わず飛び出たガッツポーズ…雪辱果たした長友「彼には絶対に負けたくなかった」

長友佑都
コロンビア戦に出場した長友佑都 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 思わず飛び出したガッツポーズに、長友佑都の「誰よりも強い気持ち」が表れていた。

 日本代表は19日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ初戦でコロンビア代表と対戦。開始早々に数的優位と先制点という大きなアドバンテージを得ると、一時は同点とされたが大迫勇也の決勝ゴールで勝ち点3を掴んだ。

 自身3度目のW杯に臨む長友にとって、コロンビアは因縁の相手だ。4年前、グループステージ最終節で1-4の大敗を喫し、悔し涙が溢れた。セリエAでしのぎを削っていたフアン・クアドラードにゴールを許したことも、苦い思い出として強く残っていた。

 そして迎えた今回の対戦。チームとしてだけでなく、長友は個人としても見事にリベンジを果たした。ハイライトは18分。相手の右サイドに入った因縁の相手・クアドラードが日本陣内深い位置でドリブルを仕掛けてきたが、対峙した長友はフェイントに惑わされることなく対応し、最後は相手のミスを誘ってピンチを凌ぐ。その瞬間、「本能的に」ガッツポーズが飛び出した。

「ちょっと出てましたね(笑)。もうクアドラードには絶対負けたくなかったんで。彼の得意である一対一のところで勝負してきて、『来たな、絶対止めてやる』って思ったんで、ガッツポーズは本能的に出ちゃった。でもそれくらい気持ちが入っていたというところですね」

 クアドラードは31分という早い時間に交代を告げられた。数的不利でバランスを取りたかったという意図も考えられ、「どういう状況で代わったのかはわからないけど」と長友もそれを理解している。それでも「この勝負には絶対勝ちたかった。しっかり対応できたっていうのは自分の中ですごく嬉しいです」と、率直な気持ちを明かした。

 決して前評判が良くない中で得た結果。その要因はどこにあったのか。

「自己満で終わっていますけど、金髪にしてから勝利継続中なんでね(笑)」。もちろんこれはジョークだが、たしかに長友が髪の毛を金色に染めてからはパラグアイ戦、コロンビア戦と連勝している。「似合っていないのはわかっていますけど、継続中なんで、この状態で行きたいと思います(笑)」。チームのために自分ができることは何でもやる。そんな長友の姿勢は、確実に日本代表をポジティブな方向に導いているはずだ。

「批判されればされるほど、なにかフツフツとしたものが心の中から出てきて、やってやるぞという気持ちになる。批判されてきたことが、今になってよかったかな」。周囲のネガティブな声すらも自身の力に変える長友は、「まだ2試合あるので一瞬たりとも気が抜けない。もう一度、引き締めたいと思います」といって24日のセネガル代表戦を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る