2018.06.20

4年前の雪辱果たしW杯好発進…長谷部誠「今日は勝利の余韻に浸ってもいい」

長谷部誠
コロンビア戦フル出場で勝利に貢献した長谷部誠 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は19日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦でコロンビア代表と対戦し、2-1で勝利。フル出場で貢献したMF長谷部誠(フランクフルト)は試合後、「勝利自体は非常に大きなもの。結果が出せたのは、すごく大きな前進」と白星スタートを喜んだ。

 日本は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスのハンドでPKを獲得すると、6分に香川真司がPKを冷静に沈めて先制に成功。ハンドを犯したC・サンチェスが一発退場となり、日本は数的有利も得たものの、39分にFKを決められて前半の内に同点とされた。

 長谷部は「前半の早い時間に相手が退場になってから、ちょっと後ろに重心が行き過ぎていた」と振り返ったが、それでもハーフタイムにはしっかり修正。「(後半から)ボランチは少し前に出て、サイドバックもある程度高い位置をとっていた。みんなが、どこでスイッチを入れるか、スピードの変化を加えるかということ考えてやっていた」。

 後半からは数的有利を活かして攻めに出た。「1人多いから勝ちに行く、点を取りに行くということを、全員が意識として持っていた」。相手も引いて守る時間もあり、日本が押し込む展開が続くと、73分に本田圭佑の左CKから大迫勇也がヘディングシュートを叩き込み、待望の勝ち越しゴール。これが決勝点となり、2-1で勝利を収め、4年前に喫した完敗の雪辱を果たした。

 長谷部は「リスクを負って行く場面と、誰かがリスクを負ったら、そのバランスをとる部分はしっかりやっていこうと言っていた。後半に関してはかなりそれができていたので、コミュニケーションが実ったゲームだと思う」とチーム一丸でつかんだ勝利に手応えを語った。「こういう1人少ないゲームはサッカーの中では非常に難しいと言われているので、そこを勝ち切ったのは大きな自信になる」。

 W杯初戦での大きな白星に、長谷部は「今日は勝利の余韻に浸ってもいいと思う」と言うが、中4日の24日に行われるセネガル戦に向けて「また明日から相手の研究をしっかりしていかないといけない」と気を緩め過ぎることはないようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る