2018.06.20

中盤でリズムを作った柴崎岳、次戦は「もっとゴールに迫るシーンを」

柴崎岳
コロンビア戦に出場した柴崎岳 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が19日に行われ、日本代表は2-1で勝利を収め、大会白星スタートを切った。

 先発出場したMF柴崎岳は試合後、「まずは相手が早い時間に退場して10人になったのですごくやりやすくなりましたし、そういう部分も味方につけていい試合ができたんじゃないかなと思います」と満足感を示した。

 自身のパフォーマンスについては「しっかり僕のところで受けてリズムを作って、そこから先の攻撃を組み立てようと思っていました。多くボールを触ることができましたしいいゲームができたと思います」とコメント。一方でチームとしては「失点はしているのでそこの部分の修正はしないといけないですし、攻撃でもっといいコンビネーションで相手のゴールに迫っていくシーンを作れればいいかな」と課題もあげた。

 そして24日のセネガル代表戦に向けて「もっと前線の選手を気持ちよくプレーさせたいですし、ゴールに迫るシーンを演出していきたい。しっかりリフレッシュして新たな気持ちで迎えていきたいと思います」と意気込みを語った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る