2018.06.17

ボールが波打つように転がる!? 日本は“選手泣かせの芝”を味方にできるか

本田圭佑
本田の足元、踏み込んだ時に芝が沈むように見える [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 選手泣かせの芝だ。ピッチの芝の長さは一般的に20ミリ前後だが、ガザンの練習場は約24ミリと長く、しかも硬い。19日のコロンビア戦に向けて最終調整を行う選手たちからは、「ボールが不規則に動く」という声が続出した。

 西野朗監督も「非常にやりにくい。どうしてもボールがブレる。(初戦の会場である)サランスクはさらに長いと聞いている」とピッチの状態を気にする。大会期間中は各試合会場とキャンプ地のピッチが同じ状態になるように、FIFA(国際サッカー連盟)が管理しているという。

「びっくりするくらいボールの動きが変化する」と顔をしかめたのは、GK東口順昭(ガンバ大阪)だ。「いつもはボールを見ないでトラップできるところも、どう変化するか分からない。ちょっと(足元を)見ないといけないので、めちゃくちゃ気をつかう。特にバックパスはすごく変化するので気をつけないといけない」。他会場の試合で真っ直ぐに転がっているように見えるボールも、実際は波を打っていると指摘する。

 中盤で不用意にボールを失ってしまえば、カウンターを食らいかねない。MF大島僚太(川崎フロンターレ)もまた「止まりやすく、真っ直ぐに転がらない。波を打ってボールが進む」と芝質が気になる様子。MF原口元気(ハノーファー)が「細かくやりすぎると(相手に)捕まってしまう。そこは頭に入れないといけない」と話すように、つなぐことにこだわり過ぎては危険だ。少ないタッチ数でシンプルに攻撃を組み立てることも必要になってくる。

 ただし、条件は相手も同じ。ネガティブなことばかりではない。最終ラインからボールを出す際も細心の注意を払わなければならないが、東口が「相手に対しては、逆にそこを狙ってプレッシャーをかけたら面白いかもしれない」と言うように、芝の特徴をうまく利用できれば日本のチャンスにつながる。本番までに不慣れな芝を攻略し、味方につけたい。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング