2018.06.13

日本代表バックアップの井手口陽介、リーズ合流のため帰国…JFAが発表

井手口陽介
バックアップメンバーとして日本代表に帯同していた井手口陽介 (左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は13日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアに臨む日本代表にバックアップメンバーとして参加していた井手口陽介が、所属するリーズに合流するため、帰国することが決まったと発表した。理由は「クラブ事情のため」とされている。

 井手口は5月30日に行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦メンバー27名に選ばれ、同試合にも終盤に途中出場したが、W杯メンバー25名からは落選。だが、バックアップメンバーとして代表チームに参加していた。

 現在21歳の同選手は、今年1月にガンバ大阪からチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズに移籍。今シーズンはそのままリーガ・エスパニョーラ2部のクルトゥラル・レオネサにレンタル移籍していたが、わずか5試合の出場にとどまっていた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る