2018.06.13

丸刈りの心配も? 長友佑都、西野ジャパンの初勝利に「ホッとしてます」

長友佑都
金髪に染めた長友 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は12日に国際親善試合でパラグアイ代表と対戦し、4-2で逆転勝利。西野朗監督就任後、公式戦3試合目にして初勝利となった。

 先月30日のガーナ戦、8日のスイス戦はフル出場していたが、この試合は出番なく、ベンチから戦況を見守った長友佑都(ガラタサライ)。念願の西野体制初勝利に際し「出てる選手だけじゃなくて、ベンチにいる選手もすごい声出してた。これが本当にチームなんだなっていうのを改めて感じた試合でした」と振り返った。

 また、スイス戦で出た課題などについては「すごく話し合った」と明かし、「岡(岡崎慎司)にしても(香川)真司も武藤(嘉紀)も乾(貴士)もあれだけ前から追ってくれて、戦ってくれたら、後ろの選手は楽になる。2度追いも何度もして、泥臭くやってきたその戦う部分っていうのを、彼らが見せてくれたから」とパラグアイ戦の勝因を挙げた。

 ここ1週間泥臭い姿勢が必要だと強調してきた長友。その姿勢が出たことに「この髪明るくしたから多少は幸運が舞い降りてきたのかな(笑)」と報道陣を笑わせたが、「これ染めて今日負けてたら、長友ただ染めただけで何やってんだと、ちょっと丸刈りにしなきゃいけないレベルだった」とコメント。「自分は出なかったですけど、チームは勝利して、髪だけじゃなくて大事なサッカーの結果で明るいニュースが届けられて、僕は良かったのとホッとしてます」と本音を語った。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る