FOLLOW US

アグレッシブなプレーで攻守に貢献した岡崎慎司「今日みたいな勝利をコロンビア戦でも」

岡崎慎司は持ち前の運動量で攻守に貢献した [写真]=Getty Images

 国際親善試合が12日に行われ、日本代表はでパラグアイ代表と対戦。後半、乾貴士の2ゴール、相手のオウンゴールで3得点を記録。終了間際に香川真司がダメ押しとなる4点目をマーク。2018 FIFA ワールドカップ ロシアの開幕前最後の一戦で4-2の勝利を収めた。

 試合後、1トップで先発出場した岡崎慎司は「攻撃も守備もアグレッシブだった」と手ごたえを口にした。

「前半からチームとしてやり切って、攻撃も守備もアグレッシブだった。失点したけどハーフタイムは良い雰囲気で『このまま行こう!』と話した。良い雰囲気で後半に行けて(乾)貴士が決めてくれて逆転できた。こういう姿勢がチームの勝利に近付くのかなと思いました」

 岡崎にゴールは生まれなかったが、前線から果敢なプレスで貢献すると、縦横無尽の動きで相手の守備陣をかく乱した。

 最後は「日本代表として厳しい状況だけど、本番が一番大事だと思うので。今日みたいな勝利をコロンビア戦でも目指したい」と、自身3度目となるワールドカップへ決意を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA