2018.05.26

西野監督の新戦術に適応できるか? ボランチで戦う山口蛍「楽しみですね」

山口蛍
2ボランチの一角としてミニゲームを戦った山口蛍 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表を率いる西野朗監督は26日、初めて11人形式のミニゲームを行った。新監督が採用したのは3-4-2-1。MF山口蛍(セレッソ大阪)は、2ボランチの一角としてMF柴崎岳(ヘタフェ)とコンビを組んだ。新フォーメーションに全員が完璧に対応できたわけではない。山口もまた、練習の回数を重ねることで向上していく部分があると語る。

「もっとやっていかないとダメですね。今日だけじゃわからないところもある。ポジションが変わって、慣れていない選手もいます。ポジションどりや守備のやり方もそう。噛み合っていないところを合わせていきたいです」

 まだ「監督から特別な指示」はなく、30日に行われるガーナ戦を含めたテストが、守備でも攻撃でも必要である。2018 FIFAワールドカップ ロシアまであまり時間はないものの、「後ろでも回せるし、持ったらまっすぐいくこともできる」と、“試合の中で時間を作れる”新フォーメーションの強みを語った。

 西野監督は新フォーメーションで、DF長友佑都(ガラタサライ)を左ウィングバックに、MF原口元気(デュッセルドルフ)を右ウィングバックに配置した。両者とも90分間走り続けることができる選手であり、ピッチをワイドに使った攻撃を標榜する可能性がある。原口に関して質問が飛んだ山口は、サイドに空いたスペースは原口にとって長所を出せる場所だ、と考えている。

「今日はピッチを狭く使いましたが、もっと大きくなれば、裏に出る動きとか上下動できる元気の長所が出ます。両サイドに空いたスペースは佑都くんと元気が使うので、セカンドトップに入る2人は中央よりでプレーすると思います」

 山口にとって、「まあ、ポジティブに捉えています。楽しみですよ」と語るように、適応の不安よりも「新たなトライ」に心が動いている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る