2018.05.17

最新のFIFAランク、日本は60位と変わらず…1位ドイツ、2位ブラジルも変化なし

ドイツ代表
FIFAランキングで1位を取り続けるドイツ代表 [写真]=Soccrates/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は17日、最新のFIFAランキングを発表した。

 今回のランキングで順位の変動はほとんど起こらず、日本は前回と同じく60位にランクインした。アジア勢では唯一サウジアラビアの順位だけが3つ上がり、67位に位置した。また、2018 FIFAワールドカップロシア大会で同組のポーランドは10位、コロンビアが16位、セネガルは28位となっている。

 なお、トップ10も順位に変動がなく、ドイツが1位、ブラジルが2位、ベルギーが3位に入った。

■トップ10
1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ベルギー
4位 ポルトガル
5位 アルゼンチン
6位 スイス
7位 フランス
8位 スペイン
9位 チリ
10位 ポーランド

■ロシア・ワールドカップ出場32カ国
▼グループA
ロシア(66位)※開催国
サウジアラビア(67位)
エジプト(46位)
ウルグアイ(17位)

▼グループB
ポルトガル(4位)
スペイン(8位)
モロッコ(42位)
イラン(36位)

▼グループC
フランス(7位)
オーストラリア(40位)
ペルー(11位)
デンマーク(12位)

▼グループD
アルゼンチン(5位)
アイスランド(22位)
クロアチア(18位)
ナイジェリア(47位)

▼グループE
ブラジル(2位)
スイス(6位)
コスタリカ(25位)
セルビア(35位)

▼グループF
ドイツ(1位)
メキシコ(15位)
スウェーデン(23位)
韓国(61位)

▼グループG
ベルギー(3位)
パナマ(55位)
チュニジア(14位)
イングランド(13位)

▼グループH
ポーランド(10位)
セネガル(28位)
コロンビア(16位)
日本(60位)

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位
2015年8月 56位
2015年9月 58位
2015年10月 55位
2015年11月 50位
2015年12月 53位
2016年1月 53位
2016年2月 58位
2016年3月 56位
2016年4月 57位
2016年5月 57位
2016年6月 53位
2016年7月 57位
2016年8月 49位
2016年9月 56位
2016年10月 51位
2016年11月 45位
2016年12月 45位
2017年1月 46位
2017年2月 52位
2017年3月 51位
2017年4月 44位
2017年5月 44位
2017年6月 45位
2017年7月 46位
2017年8月 44位
2017年9月 40位
2017年10月 44位
2017年11月 55位
2017年12月 57位
2018年1月 56位
2018年2月 55位
2018年3月 55位
2018年4月 60位
2018年5月 60位

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る