2018.03.23

W杯の「厳しさ」を認識するも…長谷部誠が語る“ベテラン”と“若手”の融合

長谷部誠
練習に精を出す長谷部
サッカー総合情報サイト

 3月23日のマリ代表戦に向けて、そして2018 FIFAワールドカップロシア大会生き残りをかけて、長谷部誠(フランクフルト)は胸中を明かした。

「監督の選考や招集している人数を考えると、まだいろいろな選手を試す事のできる良い機会だとも正直感じています。誰が選ばれるのかわかりません」

「チーム作りというベースの部分は変わっていません。なので、新しい選手が入ってどういうアクションを起こすか、今まで招集されてきた選手がどうプレーするのか。そういうのを監督は見ていると思います」

 日本代表は、グループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する。いずれも日本より格上の強豪国であり、監督も「厳しさ」を口にした。そこはチームとして共通認識をしているものの、これまでの戦いで手応えを掴んでいる。

「監督も合宿が始まる前にはっきりと、今の状況では本大会でかなり難しい状況になると思うと発言していました。実際、選手たち自身も感じている部分もある」

「でも、今までやってきたことに対して、できるんだという手応えも少なからずあります。今回の2試合では、しっかりと結果を出すことでより自分たちに対して自信が持ちたいと思います。そういう意味でこの2試合はすごく重要なゲームです」

 ワールドカップで戦っていくためには、若手の力だけではなく、ベテランの力も必要だと考えている。

「チーム内のバランスという意味では経験ある選手の存在は必要ですし、監督も考えてやっていると思います。アピールすることは大事ですが、とにかくチームとして1つにまとまって2試合を戦いたいです。ベテランが経験を持ち込んで、若い選手は勢いを持ち込んでくれるのを楽しみにしています」

 日本代表はマリ戦の後、27日にウクライナ代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る