2018.01.17

有言実行のプレーで2アシスト…森保ジャパンを活性化させた最年少・伊藤洋輝の攻撃性

伊藤洋輝
北朝鮮戦にフル出場したMF伊藤洋輝 [写真]=VCG via Getty Images
サッカーキング編集部

 北朝鮮とのグループリーグ最終戦、チーム唯一の高校生であるMF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)が躍動した。ボールを持てばグイグイと前へ運び、パスを出せばフリーランニングでペナルティエリアに侵入して行く。森保ジャパンの最年少は縦横無尽に動きながら、攻撃を活性化させた。

 伊藤のパフォーマンスはまさに有言実行そのものだった。試合前日に「自分の良さである推進力やゴール前へ入っていくスピードを生かしたい。最年少だけれど、最年少に見えないようなプレーをしたい」と語っていたとおり、堂々としたプレーを披露。2アシストという数字も残した。

 1点目は「キーパーが出られないところを狙った」とFKをファーサイドのDF柳貴博(FC東京)に合わせ、2点目は「動きが見えていた」と中央へ走り込んできた三好康児(北海道コンサドーレ札幌)に折り返した。

「2試合出番がなかったので、『アピールしなければ』という気持ちが強かった。決勝トーナメントで使われるためにも、自分の良さを出していきたかった」

 攻撃への積極的な姿勢は、ボランチを組んだMF森島司(サンフレッチェ広島)が「洋輝が結構動くので、僕がバランス取りながら守備を頑張っていました。洋輝は意外と攻撃好きなんですよ。練習の時にちょっと気付いてはいたんですが、ビックリしました」と笑うほど。それに対して伊藤はというと、「司くんとは初めて組んだので、今日で自分のプレーを分かってもらえたと思う。司くんが前を向いたタイミングで、もっと飛び出して行きたい」とさらりと言ってのけるから舌を巻く。

 決勝トーナメントに駒を進めた日本は、19日に準々決勝でウズベキスタンと対戦する。この日の出来に「シンプルに自分の良さが出せたのはうれしい」と笑顔を見せた18歳のレフティーは、「もっとゴール前に顔を出して行きたい。ミドルシュートも枠には飛んでいたので、精度やパワーをもっと上げて、自分のゴールにつなげたい」とさらなる意欲を示した。

取材・文=高尾太恵子

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る